【脳梗塞リハビリ革命】
うれしいお便りが届きました。

本日は,うれしいお便りが届きましたので,お伝えします!

我々,一般社団法人BiNI COMPLEX JAPANは,7年前から毎週土,日に

「統合的運動生成概念」という我々が定義した運動の概念をお伝えしております。

運動の成り立ちとは何か?というシンプルな疑問からはじまりました。

この7年間で多くの理学療法士,作業療法士の先生方にお越し頂いております。

舟波真一

先日,神奈川でSTEP1の講習会を開催しましたが,

それにご参加頂いた受講生さんから,昨日,メッセージが届きました。

全文まま掲載いたします。

 

こんばんは。 夜分にすみません。 先週末の研修会ではお世話になりました。○○○○○○○○やつです。 いつもコラムとブログ拝見して勉強させて頂いてます。 ステージⅡ片麻痺患者で麻痺側下肢に支持反応が出てきた方に目隠しくて立位で揺れてみたら、麻痺側に荷重ができるどころか、今までできなかった麻痺側にのせ続けながら着座動作まで出来るようになりました! 面白いくらい変化が出て患者と笑ってしまいました。 実際にやってみて衝撃だったので報告させてください…。 またSTEP2でもお世話になりたいです。よろしくお願い致します。

 

個人が特定されてしまう一文だけ,〇で掲載させて頂きました。

ほんとうにうれしいご報告,ありがとうございました。

わたしも本当にうれしかったですが,いちばんうれしかったのは患者様に間違いありません。

わたしのBiNIリハビリセンター東京銀座には,

脳梗塞や脳出血は発症から1年以上経過したクライアント様が多いですが,

急性期,回復期から[バイニーアプローチ]を実施して頂ければ,

本当に大きな効果が得られます,1年目のPT,  OTさんでも結果が出ます。

下記の映像は,最近,BiNIリハビリセンター東京銀座でバイニーアプローチをさせて頂いた方の映像です。

この方は,脳出血発症から8か月間,病院でのリハビリテーションを行ってきました。

歩きはT字杖で自立されていましたが,左上肢の麻痺はとても強かったです。

担当の医師,理学療法士,作業療法士からは,

「○○さんの手の麻痺は重いですからね,麻痺の改善は難しいですね」と言われてきたそうです。

しかし,このクライアント様はどうしてもあきらめきれず,

バイニ―リハビリセンター東京銀座にお越し頂きました。

それから半年,週に2回の[バイニーアプローチ]を実施してきました。

その驚くべき回復の映像です。

発症直後からやっていれば,左手はほぼ普通に使えていたはずです。

日本にリハビリテーションが導入されてから50年が経過しております。

先人たちの努力で,ここまで来ました。

その上にたって,新たな50年を考えなければなりません。

この50年で,何が効果的で,何が効果が出にくいのか,ようやくわかってきました。

その事実をもって,リハビリテーション革命を起こさなければなりません。

若いみなさまのお力が必要です。

お力をお貸しください。よろしくお願い申し上げます。

 

脳卒中リハビリテーション革命

舟波真一でした。

 


 
痛みや麻痺にお悩みなら、
バイニーリハビリセンターにご相談ください。

お問い合わせフォーム

  • お名前 (必須)


  • ふりがな


  • お問い合わせの種類 (必須)


  • お問い合わせ先施設


  • あなたのお立場 (必須)


  • 電話番号 (必須)


  • メールアドレス


  • ご住所


  • お問い合わせ内容 (必須)