症例のご紹介 – 膝裏を強く押してみると激痛が!

こんにちは、BiNI!知恵袋こと、小松原です。

 

今日は久しぶりに症例のご紹介を。。。

 

主訴は、

①常に右の腰が痛い

②動かすと左の太腿がしびれる

③歩いていると左膝が痛くなる

 

①については、筋肉部分が緊張している状態でもあり、圧迫すると再現性のある痛みでしたので、筋性の痛みと判断しました。しかしココで大事なのは、ただ筋肉をほぐせば良い訳ではありません。なぜ筋肉が硬くなってしまうのか?まで考えていかなければなりません。

やはり腰の骨も動きがない状態でしたので、まずはこの部分を柔らかくしていかなければなりません。

腹圧

②については、神経のテストをしたときに、腰ではなく、お尻の部分で抵抗感を感じました。

必ずしも、神経が圧迫=腰の骨部分というわけではありません。この部分を解放すると即座に改善されました。

③に関しても、②と同じ原因があるかなと思いましたが、2回目に来られた後もまだ痛みはあるとのこと。そこで2回目は膝を中心に施術をしました。

終了後確認してみると、それでもまだ何となく残っているとのこと。。。。

 

膝裏を強く押してみると激痛が!!

なかなか深い部分の問題があったようです。

次回以降はより深い組織に対して施術していく予定です。

 


 
痛みや麻痺にお悩みなら、
バイニーリハビリセンターにご相談ください。

お問い合わせフォーム

  • お名前 (必須)


  • ふりがな


  • お問い合わせの種類 (必須)


  • お問い合わせ先施設


  • あなたのお立場 (必須)


  • 電話番号 (必須)


  • メールアドレス


  • ご住所


  • お問い合わせ内容 (必須)