【脳梗塞リハビリ革命】
多くの方が損傷されていない「脳幹」を使って麻痺を回復する

みなさん,お疲れさまです,舟波真一です。

脳梗塞のリハビリ革命,進化論から脳梗塞のリハビリを考えていきます。

腹圧

うつぶせは,生命にとって根源的な運動です。

あかちゃんも,最初の移動手段は腹這いです。

進化の過程と非常に似ています。

そしてあかちゃんは,腹筋はそれほどありませんが,腹圧はしっかりしています。

四つ足動物も,腹筋は割れるほどありませんが,速く走れるのは腹圧がしっかりしているからです。

爬虫類も同様に,腹筋はほとんどに無いですが,腹圧のおかげでしっかり動きまわっています。

進化の過程で脳はどうなっているのでしょうか?

うつぶせでの腹這いを移動手段にしている,爬虫類の脳を見ていきましょう。

腹圧

人間がいちばん大脳新皮質が大きいですね(図の水色の部分)

言葉とかイメージ,想像が出来るのが大脳新皮質の仕事だからです。

魚類,両生類,爬虫類など,進化の過程において発生的に古い動物の脳には

ほとんど大脳皮質はありません。

脳幹と小脳の割合がとても大きいです。

つまり,爬虫類等の動物は,脳幹・小脳だけで生きているわけです。

寝たり,ご飯食べたり,動いたりするのは,

脳幹・小脳があれば,十分に可能なのです。

そして,脳幹には呼吸中枢もあります。

脳幹には手足を動かすための先回りシステムもあります。

【脳梗塞リハビリ革命】手足を動かすのに絶対必要な,脳の先回りシステム

ほとんどの脳梗塞や脳出血の方は,この脳幹は損傷されていません。

脳幹は壊れていません,正常です。

脳幹が損傷されたら呼吸が止まって死んでしまうからです。

この,脳幹や小脳に刺激を入れて麻痺を回復させていくのが[バイニーアプローチ]です。

脳梗塞のリハビリ専門家 舟波真一でした。

痛みや麻痺にお悩みなら、
バイニーリハビリセンターにご相談ください。

お問い合わせフォーム

  • お名前 (必須)


  • ふりがな


  • お問い合わせの種類 (必須)


  • お問い合わせ先施設


  • あなたのお立場 (必須)


  • 電話番号 (必須)


  • メールアドレス


  • ご住所


  • お問い合わせ内容 (必須)