【脳梗塞リハビリ革命】
片足立ちの訓練や立位訓練は必要ありません

みなさま,おつかれさまです,舟波真一です。

脳梗塞のリハビリ革命,本日は我々が普段何気なく行っている歩行に絶対必要な,

「加速度」と「慣性力」についてご説明いたします。

下記の表をご覧ください。

歩行という運動は大きく分けて2種類あります。

舟波真一

我々が普段何気なく行っている歩行は,動歩行といいます。

正確には両脚支持期があるため,準動歩行といいますが,

静歩行とは運動の成り立ちがまったく違います。

下の図は歩行中の重心が通っていくラインを描いています。青色の線が重心が通っていくラインです。通常,我々が行う動歩行においては片足の足底面内に一度も身体重心が通過することはありません。

舟波真一

しかし,片足の足底面に身体重心が乗らないで運動をおこなうということは,

「なぜ転倒しないだろうか?」という素朴な疑問を感じると思います。

これを実現しているのが「慣性力」という「加速度」と逆向きにはたらく力なのです。

下図のように,片足立ちの瞬間は足底面に身体重心が乗ることはありませんが,

赤矢印の「慣性力」という力が,上がっている右足側に倒れそうになっているのを

床に着いている左足側方向に身体重心を引き付けてくれているのです。

舟波真一

つまり,我々の歩行にはこの「加速度」というのが絶対的に必要なのです。

加速度とは1秒間に速度がどれだけ変化したか?というものであり,

ゆっくり行ったり,その場にじっとしているような場合は加速度が入りません。

今までの脳梗塞のリハビリを考えていきましょう。

両足で立つ訓練,杖を使って一歩一歩,ゆっくり歩く訓練,片足立ちで頑張る訓練,

これらを行ってきたのではないでしょうか?

「足に体重乗せて,しっかり支えて!」とリハビリの先生に言われたことはありませんか?

正常人の歩行では,足底に体重を乗せる瞬間はありません。

歩行はいちいり筋力をつかってがんばって行うものではありません。

いちばん大切なのは,「加速度」,そう,勢いをつけてリズムにのること!なんです。

ですから,[バイニーアプローチ]では,ゆっくり体重を乗せる訓練は行いません。

とにかく加速度を入れる,リズムにのることをとことん行います。

立ち上がりや起き上がりも同じです。

勢いをつけてやったほうが,楽に出来ます。

立ち上がりの最初は,

身体の重心が前方に移動しますが,

この体幹の屈曲に急速にブレーキをかけて減速することで,

身体の前から後ろに向かって「加速度」を発生させています。

これにより身体前方に向かう「慣性力」が生成され,

その力が身体重心を後ろから前へと押し出してくれるので,楽に立つことが出来るのです。

ゆっくり膝の筋肉を使っていたのでは,遅いし,疲れてしまいます。

舟波真一

我々がご提案する[バイニーアプローチ]は,とにかくリズムを大切にしています。

ゆっくり筋力使ってがんばるリハビリを変えたいのです。

多くの理学療法士・作業療法士の先生方が我々の講習会に来てくれています。

下の動画はその一部です。このような練習も脳梗塞のリハビリには効果的ですので,

簡単ですしやってみてください。

脳梗塞のリハビリ革命をおこすべく,みなさまのお力をお貸しください。

脳梗塞のリハビリ専門家 舟波真一でした。

 


 
痛みや麻痺にお悩みなら、
バイニーリハビリセンターにご相談ください。

お問い合わせフォーム

  • お名前 (必須)


  • ふりがな


  • お問い合わせの種類 (必須)


  • お問い合わせ先施設


  • あなたのお立場 (必須)


  • 電話番号 (必須)


  • メールアドレス


  • ご住所


  • お問い合わせ内容 (必須)