【足のトラブル】
足の壊し方?
足ゆび筋トレ編

こんにちは。

満足先生こと、バイニーリハビリセンター横浜の根津憲継(ねづのりつぐ)です。

 

理学療法士

根津憲継(ねづのりつぐ)満足先生こと、根津憲継

 

『足の壊し方』についてお伝えしています。

足を壊したいなんて方は一人もいませんが、あえて進めています 笑

足を壊したい方は、以下を行って下さい。

  1. 大き目の靴・柔らかいを履いて、しかも緩く履く
  2. 5本指靴下を履く・足のゆびの間に挟むような外反母趾グッツを使用する
  3. 青竹踏み・足つぼサンダル・足裏の強いマッサージやストレッチを行う
  4. 土踏まずを持ち上げるようなインソール・柔らかいインソールを使用する
  5. 足ゆびの筋トレを過度に行う
  6. アウターマッスル中心の筋トレを行う

前回は、『足の壊し方-インソール編』をお伝えしました。

今回は、『足の壊し方-足ゆび筋トレ編』です。

 

5.足ゆびの筋トレをする

足のゆびの筋力とバランスとの関係性があると言われています。

「足ゆびをしっかり働かせなくては!」

と、筋トレを行っている方もいらっしゃると思います。

では、なんで足ゆびが使えていないのでしょうか?

昔は、わらじで何里も歩いていましたが、今は電車や車で簡単に遠方へ行けます。

幼少時に足を使う遊びも減りました。

当然、筋力も減りますよね?

ただ、足ゆびの筋力だけではありません。

現代人に扁平足が多いということは、全体的に筋力量が少ないということです。

足の土踏まずを支えている筋肉が弱くなって、扁平足になる、ばんびろ(開帳足)なっているのです。

「崩れた足」では、筋肉の走行も変わります、力を発揮しにくいことにもうなずけます。

反対に、「整った足」では、筋肉も正常に働くので足ゆびの筋肉だけに筋トレをする必要もないと思います。

では、「崩れた足」で筋トレをするとどうなるのでしょうか?

 

足ゆびをグーパーしてみて下さい。

足の付け根の幅が広がるのがわかると思います。

これは、「開帳足」を助長する恐れがあります。

また、親ゆびには短母趾屈筋や母趾内転筋などがあります。

すでに開帳足の足で働かせると、親ゆびを外反方向へ引っ張ります。

同様に、小ゆびにも引っ張ってしまう筋肉がありますので、

「外反母趾」「内反小趾」の進行に一役買うのです。

足を壊したい方は、行ってみて下さい。

ちなみに、すでに足ゆびを使い過ぎている人もいます。

リラックスして立っている状態でも、足ゆびに力が入っている方。

無意識で入っているので、気づいていない方も多いです。

扁平足など足が崩れている場合には、体重を足骨格の構造で支えることができません。

安定させるためには、足の裏全体を床面に密着させて、接触面積を大きくする必要があります。

むしろ、使い過ぎているのかもしれませんね!

機能的に使っているとはいえないですが。。。

足を壊したくない方。

足ゆびを機能的に使うには、筋トレよりも先に

靴やインソールで骨格を整えることが優先です。

 

以上、『足の壊し方-足ゆび筋トレ編』でした。

バイニーリハビリセンターでは、
コラムではお伝えしきれないような細かな相談・アドバイスも行っています。

足についてのお悩み相談は、お気軽にお問い合わせください!

 

”足が満たされると幸せになる”
満足先生 根津憲継(ねづのりつぐ)

フットケアーラボ/バイニーリハビリセンター横浜
TEL: 045-227-5338
MAIL: footcarelab-bini@gmail.com

横浜以外の施設

メッセージ

 

「足のお悩みから全身のお悩みまでトータルケアを致します」

横浜みなとみらいからほど近く、神奈川県警のはす向かいにあります。

観光地の少し外れにありますので、観光のついでにご来店させる方もいらっしゃいます。

施設の窓からは赤レンガ倉庫がみえます。

施術は完全予約制ですので、90分安心して施術を受けていただけます。

当施設の理学療法士は、
病院でのリハビリや訪問リハビリに長年携わってきております。

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

また、
当施設はインソール直営店でもあります。

アメリカ足病医が考案したインソールは、
足・膝・股関節・腰・肩などにお悩みがある方、スポーツをされている方に絶大な効果を発揮します。

プロやアマチュアのアスリートの方々にもご愛顧いただいております。

使われる用途に応じて様々なインソールをご案内いたします。

もちろんお試しもできますので、お気軽にお試しください。

満足先生こと、根津憲継(ねづのりつぐ)のコラムは、
こちらからご覧いただけます。

サービス

料金 施術料(90分程度):
10,000円(初見料:5,000円)
営業日 月曜日〜日曜日(祝日は休み)
営業時間 10:00〜21:00(最終受付:19:00)

施設情報

施設名 バイニーリハビリセンター横浜(フットケアラボ)
住所 〒231-0002
神奈川県横浜市中区海岸通3-10 中山ビル5F
電話番号 045-227-5338
E-mail footcarelab@superfeet-jp.com
 


 
痛みや麻痺にお悩みなら、
バイニーリハビリセンターにご相談ください。

お問い合わせフォーム

  • お名前 (必須)


  • ふりがな


  • お問い合わせの種類 (必須)


  • お問い合わせ先施設


  • あなたのお立場 (必須)


  • 電話番号 (必須)


  • メールアドレス


  • ご住所


  • お問い合わせ内容 (必須)