停滞(静止)と運動について

みなさま,おつかれさまです,舟波真一です。

コラムで統合的運動生成概念,本日は「停滞と運動」について考えていきます。

 

生命の基本は停滞せずに振動することです!

COGの鉛直線上にCOPが位置するときは,いわゆる静的姿勢をとっていることになります。

このようなとき身体を上方から観察するとCOGとCOPは一致していることになります。

舟波真一

しかし,生命は波や振動で表すことができる複雑なダイナミクスをもっています。

いのちを受けたその瞬間から,この世を去るまで振動を止めることは出来ません。

呼吸や心臓の拍動などの振動は,COGに対する外乱ともとらえられるため,

たとえ静的姿勢に見えても,COGの動揺を補償するためにCOPは忙しく動き回っています。

COGが右に動揺すればCOPは左に,

COGが前に移動すればCOPは後ろへと先回りして,COGの動揺にブレーキをかけています。

このようにCOPが忙しく動き回る様子は,いわゆる重心動揺計において観察できます。

舟波真一

静止立位をとっているようにみえても,COPが動揺しているのは,

姿勢調整に必要な体性感覚入力を十分にするために理にかなっています。

このように実際には静的姿勢など存在しないので,我々は「姿勢は運動である」と定義しております。

ところで,重心動揺計という名前はおかしいと思いませんか?

重心動揺を本当に計測するのは非常に困難です。

いわゆる重心動揺計とは,COPの移動軌跡をとらえているものです。

ですから,「床反力動揺計」が正式名称ですよね(笑)

高齢者やパーキンソン病などでは安定性限界が減少するために,

重心動揺計でとらえられる外周面積などは減少する傾向があります。

いわゆる重心動揺計の結果は,面積が小さければ小さいほどよいというものではありません。

 

振動から振動へとつむがれる

「姿勢という運動」から「観察することができる運動」へと切り替わるときの,

COGとCOPの振る舞いは興味深いです。

下図には左足から歩き出すときのCOGとCOPの振る舞いを示します。

舟波真一

左足を一歩前に出すという単純な動きのためにもCOPは実に合理的かつ先行的に動いています。

また左足を降り出す前の立位においてもCOPは細かく動いています。

生きている限りCOPは振動から振動へとつむがれます。

COGもCOPほど大きくはありませんが,COPと同じように,振動から振動につむがれつづけることになります。

 

安定性限界とバランス

COGを動かしたり,COGの動きにブレーキをかけるために,COPの動きは大変重要です。

このCOPが実際移動できる範囲を安定性限界といいます。

安定性限界が広い方が,早く大きなCOGの動揺に対しても対応が可能です。

COGを安定性限界内におさめることが「バランス」です。

バランスとは,

①安定性限界の広さ

②COGに対して,COPがタイミングよく回り込むこと

とてもシンプルに表すことが出来ます。バランスを難しく考える必要はありません。

ゆえに,安定性限界は広い方が運動にとって有利となります。

安定性限界は必ずしも支持基底面と一致しません。

バランスを補償し円滑な動作を実現するために,

安定性限界を広げることが治療上必要になります。

たとえば,立位における支持基底面は両足部にまたがります。

しかし,左片麻痺の影響のために左足底で床に対して力を発揮できない場合には,左足からは床反力が立ち上がらないことになります。

このような場合の立位では左足部側において安定性限界が減少しています(下図)。

舟波真一

左に安定性限界が減少しているというのは,

右に身体重心を移動させたり,左に身体重心が動揺するのにブレーキをかけるのが困難になるということです。

ここから考えても,脳卒中後遺症の患者様のバランスの悪さがよく理解できます。

 

停滞と運動

上方から観察したとき,COGに対してCOPが逸脱することで移動が生じるため,

COGとCOPの一致は運動を静止に近い方向に導き,「運動の停滞」を生むともいえます。

歩行時におけるCOGとCOPの振る舞いを下の図に示しました。

舟波真一

COGは片足の支持基底面内に一度も収まることがないことがわかります。

支持基底面内にCOGが収まらない歩行の事を「動歩行」と言います。

両脚支持期のときにのみ支持基底面内にCOGが収まることがあるため,

我々が通常行っている歩行のことを準動歩行といいますが,軽く走っているときは

完全な動歩行となります。

いずれにせよ,

COGとCOPが離れた状態にあるということは,常に重心を移動させようとする力が発生するため,

運動は停滞することなくスムーズな運動生成として観察されます。

これに対して,我々が対象とするクライアントの動作というのはCOGとCOPが一致,

あるいはそれに近づくことが非常に多いです。

通常のリハビリテーションでも,片脚立位のように「体重をかけて,しっかり支えて」ということが少なくありません。

床反力を受けて生成されるすべての動作において,

このような状態の時は運動が停滞し,動作のスムーズさに欠けるのです。

支持基底面内にCOGが入ってしまう歩行の事を,「静歩行」といいます。

脳卒中後遺症の患者様は,とくにこの静歩行をしています。

リハビリテーションでその静歩行を練習してしまうからです。

片脚立位は,動歩行には一度も訪れません。

ステッピングや片脚で体重を支える練習,行っていませんか?

これは静歩行をつくってしまう,悪しきリハビリテーションです。

動歩行は動歩行の感覚を入れ続けるしかありません。

 

BiNI COMPLEX JAPAN 舟波真一でした。

以下、
最新リハビリセミナー(9/28)のご案内です。


 
 
脳梗塞後のマヒ、麻痺した手、どこに行っても改善しないと "あきらめていませんか?"
 

 

Facebookでもライブ配信します!


Facebookライブ配信による視聴をご希望の場合も、配信方法に変更が生じる場合がございますので、必ず参加申込をお願いいたします。

Facebookでは、撮影(視聴)に限界がございますので、東京近郊にお住いの方は、ぜひ会場にお越しいただき、セミナーをお楽しみにいただければ幸甚です。

講演概要

( 2018年9月28日(金) 14:00-15:30 )

麻痺の回復をあきらめない最新のリハビリ方法や、リハビリテーション業界の問題点について講演させていただきます。50年変わっていない、脳卒中のリハビリに革命を起こします。

  • 動画による治療場面
  • 急性期、回復期、維持期で必要な治療とは?
  • 改善効果の高いリハビリとは?
  • 既存のリハビリではありえなかった、驚きのリハビリ!
  • 変わる!あきらめない!マヒした手のリハビリとは?

「いわゆる脳卒中片麻痺は、治るのか?」

この問いに対する答えについて、臨床結果をもってお伝えさせていただきます。

実際に、
40分間、手や腕の麻痺に対してリハビリさせていただいた前後の変化を、以下の動画(24秒)でご覧いただけます。

脳梗塞で左側の半身麻痺、発症から5年以上経過していた女性の事例(24秒)

脳梗塞後のマヒ、麻痺した手、どこに行っても改善しない、そうあきらめずに、ぜひ本セミナーにお越しください。

セミナー講師

舟波真一(ふなみしんいち)舟波真一(理学療法士)

 

  • バイニーリハビリセンター東京銀座 代表
  • 日本理学療法士協会認定 専門理学療法士(神経系)
  • 日本福祉大学大学院 博士前課程修了(人間環境情報修士)

新潟県出身。国立犀潟病院附属リハビリテーション学院を卒業後、理学療法士として、新潟県立小出病院および諏訪赤十字病院リハビリテーションセンター病院にて、脳梗塞後のリハビリに苦しむ患者様のケアに尽力。より優れた技術・知識を習得すべく、就労中に、日本福祉大学大学院(博士前期課程)に入学。卒業後は、講師活動を通じ、リハビリ技術の更なる向上の大切さにつき、理学療法士への啓蒙活動を実施するとともに、統合的運動生成概念および[バイニーアプローチ](BiNI Approachi - Biomechanics and Neuroscience Integrative Approach)という独自理論を確立し、バイニーリハビリセンターを開設。[バイニーアプローチ]に基づく、意識しない、頑張って力を入れないリハビリを展開。麻痺・いたみ・しびれに苦しむ方々を施術、機能改善に努めている。理学療法士として臨床数はのべ10万人にのぼる。

詳細は、ウィキペディアでご覧ください。

セミナー概要

日時: 2018年9月28日(金) 14:00-15:30
費用: 無料
定員: 30名(会場)
会場: 両国シティコア
東京都墨田区両国二丁目10番11,14号
 ・JR総武線「両国駅」西口、左へ下車徒歩約3分
 ・都営地下鉄大江戸線「両国駅」下車、A4・A5出口より徒歩約8分
ライブ配信:Facebookアカウント『BiNI COMPLEX JAPAN』https://www.facebook.com/BiNIComplexJapan/

リハビリテーションの現状

1896年、バビンスキー博士がいわゆる錐体路障害を報告してから100年以上経過しています。その間、リハビリテーションはどれだけ変わってきたでしょうか?

日本にリハビリテーションが導入されてから50年が経過しているものの、今も脳卒中片麻痺の臨床像はその当時とほとんど変わっていないように感じます。つまり、今までの、既存のリハビリテーションでは片麻痺という臨床像を変えることが出来ないという事実に、謙虚に立ち向かわなければならない時がきているのではないでしょうか?

脳神経科学の発展に伴って、ニューロリハビリテーションの考え方は広がってきてはいるものの、標準的なリハビリテーションが追いついていないという感は否めず、実際の患者様に汎化出来ていない状況が長く続いております。脳の解明は進んできましたが、いわゆる「麻痺」という状態に対して、どのようにリハビリしていいかがわからず、「頑張って手すりにつかまって立つ」ことや「頑張って杖をついて歩く」といった患者様の意識に頼らざるを得ない現在の状況では、片麻痺の臨床像を変えることは難しいと考えます。

今までの変わらないリハビリテーションを変えなければなりません。

脳卒中のリハビリテーションに革命を起こすときです。

我々のリハビリを体験して頂ければ、はっきりとした違い、効果をご実感頂けます。

お申し込みはこちら

舟波真一が提唱する施術・リハビリ方法
[バイニーアプローチ]とは?

通常のマッサージ・整体などに行っても、体の根底にある問題点は改善解決されません。そのためすぐに元通りとなってしまいます。

[バイニーアプローチ]とは、
一般的な整体やマッサージとは違い、身体のバイオメカニクスと脳・脊髄神経系を考慮し、解剖学や神経科学に基づいた理論背景のもと、膜組織、背骨、関節を調整し、脳とからだのリズムを整える施術(リハビリ方法)です。

皆さんが本来持っている運動パフォーマンスを向上させます。

身体の構造が変化すると、
その感覚を脳は受け取り、身体の運動出力(本来の良好な動き)を作りだします。

この良好な循環(サーキュレーション)を作ることで、
自然回復力が最大限に発揮されるようになり、自己組織的に身体が回復・調整されるようになります。

身体の構造を変えるには、
筋肉を揉んだり押したりしては逆効果になることをご存知でしょうか?

人間を構成している器官、つまり、筋肉、骨、心臓や胃・肝臓といった内臓、血管、神経を全身タイツのように包み込んでいるのが、『膜』という結合組織です。

筋膜・骨膜・皮膚などがその代表格です。

筋肉は脳と脊髄神経の支配を受けていますが、筋膜などの膜組織は直接的な支配を受けていません。

ゆえに、
自分の意識で伸ばした縮ませたりすることは出来ないのです。

しかし、
感覚を受容するレセプター(受容器)は存在します。

[バイニーアプローチ]は、
この膜組織を変化させ、身体構造を変えることによって脳に入力される感覚を良好にします。

その感覚をもとに脳が運動出力を変えるので、
意識せずとも動作が楽になり、長持ちするからだをつくることが可能となります。

体の不調を根本から回復する方法なのです。

[バイニーアプローチ]は、
このような症状の改善解決が期待できます

  • 脳梗塞後の後遺症、手の麻痺
  • 脊柱管狭窄症
  • 外反母趾
  • 変形性膝関節症、変形性股関節症
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 頚椎症(ストレートネック)
  • 慢性の肩コリ・腰・膝・足部の不調
  • 頭、頚部、背中のハリ、上肢下肢のシビレ
  • 筋骨格運動系の問題
  • 脳障害後のマヒ
  • 症状再発、進行予防
  • 退院後の経過が思わしくない方
  • 原因不明の不調
  • 交通事故後の体の変調
  • 自律神経の不調
  • 更年期障害
  • ストレスによる障害、ストレス解消
  • 生理痛など月経関連
  • 出産前後の体の変調
  • 姿勢改善、骨盤調整(出産前後)
  • めまい、不眠、慢性疲労、冷え性、虚弱体質
  • 胃弱、便秘、下痢など内臓機能低下
  • 風邪予防(免疫力向上)
  • 老化予防(アンチエイジング)
  • 健康維持管理能力向上
  • バランスアップ、パフォーマンス向上(スポーツ、芸能)

お申し込みフォーム

  • お申し込み内容


  • 本セミナーを何で知りましたか?(必須)


  • 視聴方法は、どちらをご希望ですか?(必須)


  • お名前 (必須)


  • ふりがな


  • あなたのお立場 (必須)


  • 電話番号


  • メールアドレス (必須)


  • ご住所


  • ご自由にお書きください