地域の介護予防事業に携わって

脊柱管狭窄症でお困りの方をゼロに、狭窄症ハンターのBiNIリハビリセンター諏訪、小口和弘(おぐちかずひろ)です。

コラムを書くのは「すごい」久しぶり、記録を見たら最後に書いたのは5ヶ月前でした。。。

今日からまた発信していきますよ!

ということで、BiNIリハビリセンターは長野県諏訪市にありますが、そのお隣、下諏訪町にて「介護予防事業」に関わらせて頂くことになりました。

制度的には「地域リハビリテーション支援事業」というくくりです。

センターのロゴ、上をよく見てください。

「介護予防サービス」

ロゴで書いてるくらいですので、その分野にも自身ありますよ!

さて、これからの日本は世界一の超高齢化社会に突入していきます。いや、すでにそうです。

ですので、介護保険を利用する方は当然増えます。

が、介護保険を払う人はどんどん減っていきます。

そうなれば必然的に介護保険料は上がる、そして利用料が下がる、この2点が進んで行くと思われます。

そんな大変な将来が待っていますので、「介護保険を利用しなくてもすむようにしよう!」これが日本の今の方針です。

介護状態になるのを予防する、介護予防が今のキーワードとなっています。

その中で、各自治体が知恵を絞ってそれぞれ介護予防に関連した事業を行っています。

下諏訪町では、体操教室や体に関する講座などを行っていますが、今年度は2週間に一度、当センターが体操教室を担当します。

今までにない、最新の知見を合わせた画期的な運動をやっていく予定です!

また、先日、栄養教室の講師としてもお呼びいただき、30名ほどの方にお集まりいただきました。

地元の新聞にも掲載されていました。

もっと笑顔あふれる教室だったんですけどね、もっと良い写真なかったのかな。笑

介護予防に関してもお力になれますし、もちろんお体にお悩みがあれば解決致します。

BiNIリハビリセンター諏訪
小口 和弘


 

痛みや麻痺にお悩みなら、
バイニーリハビリセンターにご相談ください。

お問い合わせフォーム

  • お名前 (必須)


  • ふりがな


  • お問い合わせの種類 (必須)


  • お問い合わせ先施設


  • あなたのお立場 (必須)


  • 電話番号 (必須)


  • メールアドレス


  • ご住所


  • お問い合わせ内容 (必須)