脳梗塞 「立ち上がり」のリハビリ

脳梗塞や脳出血後の片麻痺。
片方の手足が動きづらくなるのものです。

そうすると立ち上がりも・・・

「一回で上手くできなかったり」

「すごく慎重に、ゆっくり行うようになったり」

なので結構疲れてしまったりします。

 

脳梗塞になる前は、どんなふうに立ち上がっていたんでしょうか?

私が 背中とお尻に加速度センサーを付けて 立ち上がったり腰かけたりしてみました。

その様子をご覧ください。

加速度は速さとは違います。

いくら時速200キロで走っていても一定の速度の場合は加速度は生まれません。

あくまでも速度の変化の指標です。

スピードを上げていく(加速)とき や ブレーキをかけた(減速)の時に生まれます。

では結果はどうでしょうか?

下のグラフをご覧ください。

赤線が背中 で 青線がお尻 です。

とっても前や後ろへと速度変化が生まれていますね。

脳梗塞や脳出血になる前は、このように加速や減速を多用して上手く立ち上がっていました。

それが効率的で楽だから行っていたんです。

それが片麻痺になって、忘れてしまうんです。

ですので、私たちがお手伝いして楽な立ち上がりを思い出していただきます。

いくつかのやり方がありますが、一例を動画でご覧にいれます。

徐々に軽く立ち上がるということを思い出していただけます。

 

脳梗塞後のリハビリは、BiNIリハビリセンターにお気軽にお問い合わせください。(身体デザイナー 山岸茂則)

身体デザイナー

 

[contact-form-7 404 "Not Found"]