いつまでも足を健康に保つために-雑巾絞りのススメ⑤-

こんにちは。

満足先生こと、バイニーリハビリセンター横浜(フットケアーラボ)の根津です。

本日は、 「いつまでも足を健康に保つために-雑巾絞りのススメ⑤-

について、お伝えします。

 

前回は、雑巾絞りと全身筋力の関係について、お伝えしました。

今回は、雑巾絞りと神経症状の関係

について、お伝えします。

 

雑巾絞りで、正常となった感覚情報は脳や脊髄へいく。

特に、脳の幹(みき)、「脳幹」はありとあらゆる全身の感覚情報が通ります。

 

脳幹は、

・腹圧を調整している

・自律神経系に関連

・疼痛抑制(痛みの緩和)に関与

・呼吸や血の巡り(循環)に関与

など、まだまだたくさんの機能があります。

そもそもの生命を維持するためにも不可欠の器官です。

 

この雑巾絞りを行うことで、なぜだか

・血圧が下がった

・耳鳴りがなくなった

・尿漏れがなくなった

・腰痛がなくなった

などのお話をお聞きすることがります。

 

自律神経系の問題が絡む高血圧の場合、神経になんだかの変化があり改善したことになります。

ただでさえ、古来より「足の裏のツボ」「反射躯」など内臓機能(自律神経系)との関連があるとされています。

歴代の先人たちは足の裏の重要性がわかっていたのです。

同様な理由から、頭痛・めまい・耳鳴りなど)の不定愁訴(よくわからない痛み)にも有効なことがあります。

 

尿漏れや腰痛については、前回お伝えした「腹圧」が改善したことによる産物たと思います。

腹圧に関連する骨盤底筋がしっかり機能した。

腹圧が上がったことで、体幹をコルセットのように締め上げるインナーマッスルが機能しやすくなるので、腰痛が改善した。

 

このように、たかが足裏を絞るだけのエクササイズにも関わらず、得られる効果はたくさんあるのです。

 

 

 

 

次回は、雑巾絞り編のまとめ

について、お伝えします。

 

ご自分で解決できない足の不調は、ぜひお問い合わせください。

 

”足が満たされると幸せになる”

満足先生  根津 憲継(ねづ のりつぐ)

フットケアーラボ/バイニーリハビリセンター

045-227-5338

footcarelab@superfeet-jp.com

[contact-form-7 404 "Not Found"]