いつまでも足を健康に保つために-雑巾絞りのススメ まとめ-

こんにちは。

満足先生こと、バイニーリハビリセンター横浜(フットケアーラボ)の根津です。

本日は、 「いつまでも足を健康に保つために-雑巾絞りのススメ⑤-

について、お伝えします。

 

前回は、雑巾絞りと全身筋力の関係について、お伝えしました。

今回は、雑巾絞り編のまとめ

について、お伝えします。

 

雑巾絞りの方法からなぜ良いのかまでお伝えしてきました。

 

〇雑巾絞りの方法

上図のように両手で持ち、親ゆびを下、小ゆびを上方向に捻じる。

〇なぜ良いのか

崩れた足の骨格は、緩くなっています。

それを本来の骨格へ切り替えることによって、正常な感覚が脳・脊髄に送られ、足のみならず全身の運動(筋肉の活性)が得られます。

特に、脳幹へ感覚情報が送られることによって、自律神経症状(高血圧や頻脈など)や痛みの抑制作用も期待できます。

 

〇タイミング・頻度について

雑巾絞りを行うタイミングは、朝一番・靴を履く前・運動前が良いと思います。

頻度は、最初の1週間は一日3回(上記のタイミングが理想)

雑巾絞り5秒×10回くらいから始めて下さい。

骨格の動きやすさを出すために頻度を多めにしています。

その後は、10秒×5回にしてみて下さい。

 

 

 

シリーズでお伝えしてきました「雑巾絞り」

いかがでしたでしょうか?

まずは、実際に行ってみて下さい!

 

ご自分で解決できない足の不調は、ぜひお問い合わせください。

 

”足が満たされると幸せになる”

満足先生  根津 憲継(ねづ のりつぐ)

フットケアーラボ/バイニーリハビリセンター

045-227-5338

footcarelab@superfeet-jp.com

[contact-form-7 404 "Not Found"]