外反母趾とタコの痛みを施術とソール併用にて半年で改善した事例

外反母趾』は、
おひとりで悩まないでください!

理学療法士

満足先生満足先生こと、
根津憲継(ねづのりつぐ)

満足先生こと、
バイニーリハビリセンター横浜(フットケアーラボ)の

根津憲継(ねづのりつぐ)です。

後脛骨筋腱機能不全症
と、診断された方の事例をご紹介します。

  • 外反母趾、と
  • タコの痛み

で、お悩みだった50代女性の事例です。

加えて、

  • 肩こり
  • 腰痛
  • 右ひざの痛み

もありました。

外反母趾
外反母趾』で、
両足に痛みがあるということ。

右足の方がとても強い様子でした。

写真でも、
右足の方が『外反母趾』が強いですね。

また、
右足だけ足裏の白丸部分に
タコがすぐにできてしまうとのことです。
皮膚の赤らみもあります。

立ち仕事で比較的良く歩くようですが、

① バランスよく歩けない
② いろいろ痛みがあって仕事をするのがつらい

とのこと。

お身体を丁寧に拝見しますと、

① 首と腰で神経を押さえている
② 右足の後脛骨筋腱に圧痛があり筋力も低下している

と、各症状の原因が確認できました。

②に関して、
後日、提携クリニックにて、
後脛骨筋腱機能不全症』と診断されました。

後脛骨筋腱機能不全症
後脛骨筋腱機能不全症』では、
以下のような症状になる恐れがあります。

内くるぶしの真後ろを走る後脛骨筋腱が、
腱鞘炎を起こし、放っておくと、
腱断裂に進行していき、
土踏まずを支えられなくなってしまう。

すると、足の痛みや変形の他、

  • 腰痛
  • 肩こり
  • 頭痛
  • めまい
  • 耳鳴り

など、
思いもよらない症状に連鎖してしまいます。

高齢になってから外反母趾が進んだ場合や、
内くるぶしの真後ろを押して痛い場合などは、
後脛骨筋腱機能不全症』の可能性が
高いといえます。

この方の場合、

① 首と腰で神経を押さえている

に対して、
施術で首と腰で神経を押さえているのを解消

② 右足の後脛骨筋腱に圧痛があり筋力も低下している

に対して、
後脛骨筋腱機能不全症』専用のインソールを使用

後脛骨筋腱機能不全症
上図が、実際のインソールです。

後脛骨筋腱機能不全症』と診断された右足は、
腱を保護するため、

より安定させる仕様となっています。

靴の中敷きとして利用するので、
靴に入れてしまえば、目立つことはありませんし、

もちろん、きついということもありません。

次の写真は、
施術前とひと月経過した時点を比較したものです。

後脛骨筋腱機能不全症
2回の施術と
インソールを履き続けていただいた結果、

  • 顔が前に出て首が詰まっていた姿勢が改善し、
    首がみえるようになりました。
  • 右母指に体重がかかった時に、
    胴体が左に傾いてしまっていた歩き方が改善しました。
  • 右母指に体重がかかるタイミングで
    踵が内側に回ってしまいタコに
    ストレスをかけてましたが、
    スムーズに体重を前に移動することが
    できるようになりました。

1か月経過の時点では、
長時間仕事をすると、タコの痛みは、
依然として感じることがあるということでしたが、
肩こり、腰痛、右膝の痛みはなくなったとのことです。

6か月後に再度お越しいただいた際には、

  • タコの痛みも全くない
  • タコにもならなくなった

と、大変うれしいご報告をいただきました。

また、
インソールを大変気に入っていただき、
もう1ペアご注文されて帰られました。

私たちがお勧めするインソール
(NWPLオーソティックス)は、
アメリカ足病学カレッジ名誉教授である
Drクリスの理論により開発された
プレミアムオーソティックスです。

ご本人に合わせて採型するため
世界に1つ=あなたのためだけの
足底板を使用いたします。

5~10年の耐久性がございます。

以上は、
2回の施術と足底板の利用にて、6か月程度で、
全身の痛みが解消された事例となります。

後脛骨筋腱機能不全症』の場合、
特に、改善するための努力が必要となります。

外反母趾』は、
症状によって改善方法が全く異なります。

外反母趾』は、
おひとりで悩まれていても、
改善は一切いたしません。

当センターには、
外反母趾改善インソール体験サービス
もございます。

まずはお気軽にご相談ください。