脳梗塞後の手のリハビリと運動範囲

人間は四つ足動物から進化してきています。
 
 ですから、
 手でも体重を支えていました。
 
 
 その名残は脳や脊髄に組み込まれています。
 
 
 脳梗塞後の手のリハビリでは、
 「からだを支える刺激」
 をいれることがとても大切です。
 
身体デザイナー
 
 こんな感じに。
 
 
 しかも、
 左右交互に連続的に何回も何回もです。
 
 そうすることで、
 手や腕の筋肉が覚醒し始めます。
 
 
 しかし、
 脳梗塞や脳出血後のこわばりで手首が反らず、
 このようなことが困難になることがあります。
 
 
 筋肉のこわばりや、
 その筋肉を包む膜組織が
 硬くなっておこることが多いです。
 
 しかし、
 このようなことが長期化し、
 手根管で腱が滑りづらくなることがあります。
 
身体デザイナー
 
 上図のように靭帯の下にある腱が、
 靭帯の下で滑ることで手首が反りますが、
 それが困難になるケースです。
 
 そのような場合、
 特殊な振動器具や超音波(下図)が有効です。
 
身体デザイナー
 
 痛みは、全くありません。
 
 BiNIアプローチは、
 快適で独特な方法を用いるものの、
 
 器具を利用することもあります。
 
 
 手首の動きを改善して、
 床からの刺激を手腕に入れていきます。
 
 あなたはとくに努力は必要ありません。
 疲れることもありません。
 
 
 脳梗塞後のリハビリは、
 BiNIリハビリセンターに
 お気軽にお問い合わせください。
 
 ( 身体デザイナー 山岸茂則 )
 
身体デザイナー

 【 長野以外の店舗 】

 

脳梗塞に関するコラム

痛みや麻痺にお悩みなら、
バイニーリハビリセンターにご相談ください。

お問い合わせフォーム

  • お名前 (必須)


  • ふりがな


  • お問い合わせの種類 (必須)


  • お問い合わせ先施設


  • あなたのお立場 (必須)


  • 電話番号 (必須)


  • メールアドレス


  • ご住所


  • お問い合わせ内容 (必須)