外反母趾が、2回の施術とインソール併用で改善した事例


 

外反母趾』は、
おひとりで悩まないでください!

理学療法士

舟波真一(ふなみしんいち)腹圧先生こと、舟波真一
ウィキペディア

 

改善方法クリニックをお探しでしたら、

まずは、
バイニーリハビリセンターに、お問い合わせ or 足を運んでください。

当センターでは、
【外反母趾改善インソール体験】サービス
を提供しております。

以下、
2回の施術と足底板(インソール)の併用で、痛みがなくなった、という方の事例をご紹介いたします。

外反母趾』の痛みに
長年苦しんでいたという方のケースです。

外反母趾』の影響で、
左の太ももとお尻、さらに左肩にも痛みがありました。

バイニーリハビリセンターの施術(=バイニーアプローチ)では、足部のバイオメカニクスに基づく足底板を使用することで、劇的な改善を見込めるケースがございます。

この方は、まさにそのケースでした。

※改善には個人差があります。

施術と足底板を併用した結果、

外反母趾』の程度(=変形の程度)は若干の改善にとどまったものの、痛みは一切なくなった、

ということです。

外反母趾

私たちが用いる足底板は
NWPL社製のプレミアムオーソティックです。

ご本人に合わせて採型するため世界に1つだけ=あなたのためだけの足底板を使用いたします。

5~10年の耐久性がある足底板です。

もちろん、
足底板を入れられる靴であれば、どんな靴でもご使用いただけます。

おしゃれにこだわる方でも、安心してご使用いただけます。

この方の場合、
足底板にのっている時は、親指が人差し指にかかることはありませんでした。

2回(1回90分程度)の施術と、足底板の併用で、6週間後(1か月強)には、痛みが完全になくなった、

とのことです。

足底板を履くことで、
短期間で『外反母趾』の症状が改善した、

という事例となりました。

当センターでは、
外反母趾の手術は、一切おすすめしておりません。

手術をしてしまうと、
何か月も、松葉杖での不自由な生活になってしまいます!

5本指ソックスも厳禁です。

5本指ソックスは、
開帳足を招きますので、土踏まずがつぶれて腹圧低下を促します。

テーピングも禁物です。

テーピング等で固定している方は、こちらのコラムを必ずご確認ください。

Q. バイニーリハビリセンターの施術とは?

A.
カカト周辺の骨格の崩れは、足に存在する靭帯や脂肪組織、骨を包む膜組織などが硬くなることで起こりやすくなります。

バイニーリハビリセンターでは、

これらに対して、
心地よい振動刺激や熱刺激を加え、痛みの原因となる『硬さ』を改善していきます。

バイニーリハビリセンターの施術では、

つらいリハビリ(施術)や、痛いリハビリ(施術)等は一切おこないません。

施術は全て、人の手でおこない、
外反母趾の痛みの本当の原因を確認いたします。

膝や骨盤など、足から上部が崩れることによって、

結果的に、
カカト周辺の骨格の崩れにつながることが多いため、全身を改善対象としたアプローチをおこないます。

オーダーメイドの足底板等を併用することで改善速度を早めるケースが少なくないため、足底板やコンディショニングサポートソックスの併用も推奨しています。

アメリカの足病医学の考えに基づき、

症状に合わせて、
足の正しい『動き』を作り出す足底板をご使用いただきます。

これによって、
我々バイニーリハビリセンターの施術から離れた日常生活においても、

常に、
足をメンテナンスする環境を作り出し、外反母趾を早期に改善することが可能となります。

外反母趾』は、
症状によって改善方法が全く異なります。

外反母趾』は、
おひとりで悩まれていても、改善は一切いたしません。

当センターでは、
外反母趾改善インソール』を体験していただくことができます。

まずはお気軽にご相談ください。