脳梗塞後の腕や手の麻痺に対する即時効果

脳梗塞で左側の半身麻痺の女性の事例です。

発症から5年以上経過しております。

外を歩くことはできますが、左の手がうまく動きません。

肘も指も曲がったままになってしまっています。

BiNIアプローチは手や肘の麻痺に対しても、シンプルかつ独特な方法を用いて改善をお手伝いいたします。

本日は全体で80分拝見したうち、40分間手や腕の麻痺に対してリハビリさせていただいた前後変化をご覧いただきます。

リハビリ直後の変化ですから、もちろん同じ日に撮影したものです。

このような小さい変化を着実に積み上げて、あなたの麻痺の改善をお手伝いいたします。

 

では今回はどのようなことをさせていただいたのか少しお話いたします。

今回は腰かけた状態でず~と行っています。

さて、想像してみてください。

腰かけていて、思いもかけずに右肩を左の方へ押しこくられました。

しかも、強く素早くです。

びっくりしますよね!

でも通常は、びっくりする以前に左手を出して上体を支えてブレーキをかけていると思います。

これを保護伸展反応といいます。

主に三半規管や からだ の情報が脳に入って無意識にそのような反応が出ています。

勝手に手が動いちゃうわけです。

この勝手に動いちゃう回路は、多くの脳梗塞でダメージを免れています。

ですので、この回路の活動をうながすことで「勝手に手が動き出す」ようにしていきます。

しかも数回刺激したくらいじゃなんともなりません。

とにかく反復反復。

神経の回路は反復しないと強化されないのです。

でも、リハビリを受けているあなたは別に疲れはしません。

とても効果的です!

 

ただ、この方は麻痺の影響で筋肉のこわばりがあります。これを痙縮といいます。

ですので、行うのには準備も含めて、ちょっとしたコツがあります。

まず こわばっている筋肉を決してストレッチするような動きを入れてはいけません!! 麻痺していない手で、麻痺した指を無理やり伸ばしたりしていませんか? これは逆効果です。

余計にこわばりを強くするような信号を脳に送ってしまいます。

これには筋肉が緩む方向の刺激が必要です。

特に手首は手の平側に倒すことで、指を曲げる筋肉が緩んで、かつ腱作用というもので、下の動画のように指が伸びてきます。


肘周りの筋肉も含めて、通常は以下のようにするとご自身でも緩めることができます。


ある程度高いベットがあればうつ伏せで麻痺手を垂らすような姿勢をとることも、手や腕全体の緊張がほどけて良い準備になりますので、行ってみてください。⇒詳しくは こちら をご覧ください。

腰かけた状態で下の動画のように行うことで上手くいくこともあります。

準備をして手腕のこわばりが比較的ほどけましたら、我々セラピストが、ひたすら刺激を加えていきます。

手腕の筋肉が緊張しないような状態に保ちながら、一緒に揺れていきます。そうすることで三半規管への刺激と、麻痺した手腕からの刺激を同時に行って、反応的な筋活動を引き出していきます。

繰り返していくうちに、徐々に肘や指を伸ばす筋活動が出現してまいります。

しかし、もしまた頑張って行うようなやり方になりますと、これまた逆効果になります。

ですので、セラピストは麻痺手の緊張が常にゆるむ状態にしながら麻痺手を支えつつ、一緒に揺れます。


これはご自身で行うのが少し難しく、私たちの手助けが必要になるかもしれません。

 

脳梗塞後のマヒ、麻痺した手、どこに行っても改善しないと “あきらめていませんか?”

あきらめたら、そこで改善の希望は100%なくなります。

以上、『脳梗塞後の腕や手の麻痺に対する即時効果』でした。

 

<脳梗塞の麻痺の改善をあきらめない方へ>

脳梗塞の麻痺に関するお悩み等、
BiNIリハビリセンターにお気軽にお問い合わせください。

(身体デザイナー 山岸茂則)

 

痛みや麻痺にお悩みなら、
バイニーリハビリセンターにご相談ください。

お問い合わせフォーム

  • お名前 (必須)


  • ふりがな


  • お問い合わせの種類 (必須)


  • お問い合わせ先施設


  • あなたのお立場 (必須)


  • 電話番号 (必須)


  • メールアドレス


  • ご住所


  • お問い合わせ内容 (必須)