脳梗塞のリハビリに大切なこと:床をどう押すか

2017年12月23-24日にBiNI認定セラピストによるClinical BiNIセミナーが行われました。

全国のリハビリの専門家向けに行うセミナーです。

2日目の24日は脳梗塞のリハビリにおいて、私たちが何を大切にしているのかをお伝えする日です。

セミナーの中で脳梗塞の 廊下の手すり の落とし穴について 認定セラピストの荒井康祐 氏がまとめてくれています。

特に重度の麻痺がある場合は要注意です。

 

まず下の図をご覧ください。

人は筋肉を働かせて床を押すことで身体を動かしていますが、そこには決まりがあります。

それは、「行きたい方向と反対側でより強く床を押す」ということです。

そしてこの床を押す筋肉の活動は、身体が移動開始する0.1秒ほど前にはすでに起こっています。

 

これを覚えておいてください。

そして脳梗塞で半身が麻痺して、しかもそれが重度だと床を強く押せなくなりますよね。

 

ではこの動画をご覧ください。

 

私たちは、手すりにつかまって頑張って立っていただく というリハビリはいたしません。

どうするか・・・・一緒に心地よく 揺れます。

それはなぜか・・・・ぜひ他のコラムも参考にしてください。

 

BiNIアプローチは 脳梗塞のリハビリ に生体力学を取り入れていることが大きな特徴です。

 

脳梗塞のリハビリでお悩みの方は、BiNIリハビリセンターにお気軽にお問い合わせください。
(身体デザイナー 山岸茂則)

[contact-form-7 404 "Not Found"]