脳梗塞のリハビリに大切なこと:引き込み現象

2017年12月23-24日にBiNI認定セラピストによるClinical BiNIセミナーが行われました。

全国のリハビリの専門家向けに行うセミナーです。

24日は脳梗塞のリハビリにおいて、私たちが何を大切にしているのかをお伝えする日です。

セミナーの中で脳梗塞のリハビリに大切なポイントを 北星病院の認定セラピスト 河端新 氏 がまとめてくれました。その中で今回は「引き込み現象」についてご紹介していきたいと思います。

 

私たちが提供する 脳梗塞のリハビリ では「とにかく頑張る」ということをしていただくことがありません。

「頑張って立つ」「頑張って歩く」「頑張って・・・」そういったことをしないということです。

とにかく「身体がうまく快適に動いているときにはどのような力が身体に加わっているのか」という科学的知見をもとに、その力をセラピストが加えさせていただきます。

疲れないのに、なぜか徐々に動きやすさを、取り戻していいきます。

 

そのためには快適に動けるという感覚を あなた に適切に加えさせてて頂く必要があります。

BiNIを実践するセラピストは 「姿勢調整における引き込み現象」について理解して あなた に適切な感覚をお伝えし、必要な筋活動を引き出すことをしてまいります。

では「引き込み現象」についてまずはこちらをご覧ください。

人はただ立っていたり、腰かけたりして止まっているように見えても実は振動しています。

私たちセラピストは あなた が適切に動くお手伝いをします。その際には、セラピスト と あなた の振動が一つの波となってこのような大きな振動が生まれます。

この現象を引き込み現象(同期現象)といいます。

引き込み現象を体系的に 脳梗塞のリハビリ に取り入れているのはBiNIアプローチだけです。

 

脳梗塞のリハビリでお悩みの方は、BiNIリハビリセンターにお気軽にお問い合わせください。(身体デザイナー 山岸茂則)

 

[contact-form-7 404 "Not Found"]