片足だけ急に外反母趾になってきた

「最近左だけ外反母趾が強くなってきて、痛みがあって歩くのが大変」

という50代女性の事例です。

首や腰にも痛みがあるとのことです。

左足の冷感や攣り易さもあります。

このように、
片足だけ外反母趾が進んだ場合、

「後脛骨筋腱機能不全症」

を疑っておかなければいけません。

後脛骨筋は土踏まずを支えるとても大切な筋肉です。

この筋肉の腱が切れたり腱鞘炎を起こしてしまうもので、できるだけ早い対応が必要です。

足ばかりか身体のいたるところに様々な症状を出してきてしまいます。

腱の痛みや後脛骨筋の力が出ない場合は非常に疑わしいのですが、

さて、
この方はどうでしたでしょうか?

腱の痛みはないですが、後脛骨筋の力が弱いです。

疑わしいですね。

左足の感覚も低下していた(後脛骨筋腱機能不全では基本的にそのようなことはありません)ので、首や腰で神経を開放していきました。

すると、
「左足に血が通う感じ」
「左足が軽くなってきた」
「首や腰の痛みがスーっと抜けてきた」
とのこと。

左の後脛骨筋の筋力を図ると左右差がないくらいになっていました。左足の感覚低下もありません。

この方は、
腰や首で後脛骨筋を支配する神経を押さえていて力が出なかったんですね。

最後に、左の親趾のねじれを改善して、外反拇趾の痛みもなくなりました。

2回目にいらしたときにも、
調子は良いようでしたのでこれで終わりといたしました。

この場合は、
絶対に必要なわけではないですが、NWPLオーソティックスも体験していただきました。

具合が良いとのことでおつくりすることになりました。

 

痛み・痺れ・神経系の解放・筋膜へのアプローチなどは、「うつ伏せユラユラ」をまず行っていただくことをお勧めいたします。


痛みに関しては改善確率は60%ほどですので、まず行ってみていただく価値があります。

痛みなどで行えない場合は別の方法もございますので、詳しくは書籍「痛みはうつぶせで治しなさい」をご一読ください。

 

 

行っていただき改善が得られない場合は、私たちのお手伝いが必要かもしれません。

BiNIリハビリセンターにお気軽にお問い合わせください。(身体デザイナー 山岸茂則)

痛みや麻痺にお悩みなら、
バイニーリハビリセンターにご相談ください。

お問い合わせフォーム

  • お名前 (必須)


  • ふりがな


  • お問い合わせの種類 (必須)


  • お問い合わせ先施設


  • あなたのお立場 (必須)


  • 電話番号 (必須)


  • メールアドレス


  • ご住所


  • お問い合わせ内容 (必須)