衝撃を緩衝する!すばらしい足の機能③④

こんにちは。

満足先生こと、バイニーリハビリセンター横浜(フットケアーラボ)の根津です。

足には、衝撃を緩衝するすばらしい機能(衝撃緩衝システム)があります。
①ヒールロッカー
②アンクルロッカー
③フォアフットロッカー
④トゥロッカー
⑤柔らかい足-硬い足への切り替え
⑥関節の衝撃緩衝機構
⑦筋肉の収縮
⑧腹圧
⑨脂肪組織、筋膜など

ということで、「①」「②」についてお伝えしました。

 

今回は、 「③フォアフットロッカー」「④トゥロッカー」

についてお伝えします。

 

ロッカーファンクションといわれる一連の衝撃緩衝システムの中で、

アンクルロッカーの次に働く機能です。

③フォアフットロッカー

アンクルロッカーでのエネルギーを足ゆびの関節(MP関節といいます)の転がりを使って引き継ぎます。

満足先生

④トゥロッカー

フォアフットロッカーでのエネルギ―を使い、つま先を離地させます。(蹴りだし)

ロッカーファンクションの集大成です。

 

〇ロッカーファンクションのまとめ

・ヒールロッカーで足を着いたエネルギーを前方への推進エネルギーに変換する

・アンクルロッカーで推進エネルギーを引き継ぐ(並進)

・フォアフットロッカーで、推進エネルギーを蹴りだしに向けたエネルギーとして引き継ぐ

・トゥロッカーで、引き継いだエネルギーを使って離地する

これらは、足の骨格のみで行えるにすでに備わった機能です。

足部構造1つとっても、2足歩行に適した構造になっているんですね。

実際には、このロッカーファンクションが上手くいっていないために、足の痛み・膝や股関節などの障害が生まれていることがあります。

 

ご自分の歩き・走りが上手くいっているのか

気になる方は、お気軽にご相談ください。

 

次回は、「⑤柔らかい足-硬い足への切り替え」

についてお伝えします。

 

”足が満たされると幸せになる”

満足先生  根津 憲継(ねづ のりつぐ)

満足先生

045-227-5338

footcarelab@superfeet-jp.com

[contact-form-7 404 "Not Found"]