腹圧は筋肉じゃない,脳幹で調整されている

みなさん,おつかれさまです。

腹圧の専門家,舟波真一です。

腹圧シリーズです,よろしくお願いいたします。

腹圧は天井の膜が横隔膜だから,脳幹で調整されています!

というのは以前のコラムでお話ししましたよね。

腹圧の専門家なので,脳幹のことも専門家なんです。

脳幹はほんとに大事ですね。下の図の青で囲ったところです。

腹圧

人間は大脳新皮質が大きく進化しているので,この脳幹というところは

奥まっていて見えづらくなっています。

この脳幹が横隔膜を動かしている脳の部分ですから,

腹圧も脳幹が調整しているということになります。

腹圧と呼吸は非常に密接なんです!

呼吸は普段は意識しませんよね?

深呼吸は意識的に出来ますが,いつもはやりません。

腹圧も,普段は意識されません。

しかし,いろいろなサイトでは,腹圧を鍛える!ということで,

ドローイン,というおなかを凹ませる練習がいいと紹介されております。

うまくやれば,このドローインでも確かに腹横筋を働かせることが出来ます。

腹圧

たってもできるんですけど,書いてあるように,

頑張っておなかを凹ませすぎると,外側の腹筋群が働いてしまって,

腹横筋はうまく働いてくれないんです。

凹ます加減が難しいんですよ💦

腹横筋がうまく働かないと腹圧はアップしません。

むしろ,外側の腹筋が働きすぎると余計に腹圧が低下してしまうのです。

むずかしいですよね?腹圧アップするのは。

では,何をやればいいのか?

腹圧

小学館から出版されてます,この本,読んでください!

うつぶせユラユラです!

 

腹圧と脳幹のプロフェショナル,舟波真一でした。

おからだの痛みや脳梗塞でお悩みの方,

BiNIリハビリセンター東京銀座までお越しください。

痛みや麻痺にお悩みなら、
バイニーリハビリセンターにご相談ください。

お問い合わせフォーム

  • お名前 (必須)


  • ふりがな


  • お問い合わせの種類 (必須)


  • お問い合わせ先施設


  • あなたのお立場 (必須)


  • 電話番号 (必須)


  • メールアドレス


  • ご住所


  • お問い合わせ内容 (必須)