腹圧と胃下垂の関係

こんにちは!

腹圧先生こと,舟波真一(ふなみしんいち)です。

BiNIリハビリセンター東京銀座です,よろしくお願い申し上げます。

腹圧シリーズ,今回は胃下垂のおはなし。

別のコラムで腹圧と内臓の位置の話しをしましたが,

腹圧がしっかりしていないと,内臓を吊り下げている背骨が支えられなくて,

内臓が下にさがってしまいますよ,とお伝えしました。

ところで,女性に多いですが,

「わたし,胃下垂って言われてるんです」という方。

ぽっこり下っ腹が気になる方。

腹圧

これ,ぜんぶ,腹圧の低下のせいですよ!

腹筋じゃないです!

子供はおなかは丸いですが,けっして,下腹部がポッコリしてません。

腹圧

腹圧が低下して,図のように内臓が下にさがってしまっているのです。

だから,下っ腹がポッコリしちゃうんですよ!

骨盤が広がるから,骨盤矯正しよう!

というのが今までの話し。

何回も言ってますが,骨盤はけっこう強固な靱帯でつながってますので,

容易にひろがりません。

広がるのは,妊娠,出産のときですよ。

内臓が下がる,そう,胃下垂なんかもその症状です。

それは,腹圧が低下して,内臓が重力に負けちゃっている状態なんです。

だから,苦しい腹筋トレーニングをするよりも,

腹圧を上げるような動きをするのが大事です!

今までのコラムで記載したとおり,

腹圧はからだの内側のインナーマッスルと膜組織で作られる風船ですので,

なかなか意識して鍛えられないんですよ。(>_<)

腹圧低下して,胃下垂になります。

内臓は胃だけではないので,その話は次に!

 

腹圧先生こと,舟波真一でした。

ありがとうございました。

おからだの痛みや脳梗塞でお悩みの方は

BiNIリハビリセンター東京銀座までお越しください。

痛みや麻痺にお悩みなら、
バイニーリハビリセンターにご相談ください。

お問い合わせフォーム

  • お名前 (必須)


  • ふりがな


  • お問い合わせの種類 (必須)


  • お問い合わせ先施設


  • あなたのお立場 (必須)


  • 電話番号 (必須)


  • メールアドレス


  • ご住所


  • お問い合わせ内容 (必須)