NEW

【脊柱管狭窄症・克服のすゝめ】①脊柱管狭窄と我々の対応(ずれ・靭帯・腹圧)

  • 2018年6月15日

このシリーズコラムでは、脊柱管狭窄症の症状改善に我々がどのようにお力になっているかをご紹介させていただきます。 第一回目は「脊柱管狭窄と我々の対応(靭帯・ずれ・腹圧)」に関してです。   ①図のように脊柱管が狭窄する原因は主として骨のとげや厚くなった靭帯が原因です..

NEW

わかさ掲載記念「脊柱管狭窄症」コラム始めます

  • 2018年6月9日

6月発刊の健康雑誌「わかさ」に当センターの舟波真一の記事が掲載されました。 クライアント様の談話も掲載いただいております。 (過去にも健康雑誌「壮快」にてお取り上げいただいておりますので、こちら も是非ご確認ください。)   今回の掲載を記念して、私たちがど..

NEW

【脳梗塞】
手のリハビリ

  • 2018年5月24日

脳梗塞や脳出血後の片麻痺。 片方の手足が動きづらくなるのものです。 以前、ご紹介した脳幹梗塞後で拝見しだして1月間でしっかりとした手の機能改善を認めた方についてです。 どのような変化があったのかは 以前のコラム をご覧ください。 そして1月間に行わせていただいたリハビリの一例を動..

脳梗塞後の腕や手の麻痺に対する即時効果

  • 2018年5月21日

脳梗塞で左側の半身麻痺の女性。 発症から5年以上経過しております。 外を歩くことはできますが、左の手がうまく動きません。 肘も指も曲がったままになってしまっています。   BiNIアプローチは手や肘の麻痺に対しても、シンプルかつ独特な方法を用いて改善をお手伝い..

脳梗塞後の「体重を乗せないリハビリ」が有効な訳

  • 2018年5月18日

  脳梗塞や脳出血によって足の麻痺があらわれると思うように歩けなくなります。 その時のリハビリで、「麻痺した足に体重を乗せて支える練習」というのをすることがあります。 しかしこれはあまり効果的とは言えません。 歩きの中で、片足で支えている瞬間を切り取ってみましょう。..

脳梗塞と膝の痛み パターン①

  • 2018年5月16日

脳梗塞や脳出血を発症し、「力を入れて頑張るリハビリ」を続けていますと・・ ・・良く動く方に沢山力が入って、身体が大きく歪みだします。 最初は良くても時間がたつほどにこの歪みが助長されます。   数か月、あるいは数年たって、「膝が痛い」ということがおこることがあります..

脳梗塞のリハビリ ~問診はやはり大切ですね

  • 2018年5月13日

先週、7回目にしてはじめて麻痺手を伸ばす動きが、ご自分の意志ではっきりと出現した方がおいでになりました。いつも奥様と一緒にお越しいただいているので、奥様にもご覧いただくことができました。 喜んでいただくのは本当に嬉しい瞬間です。まだまだ機能改善するはずですので、今後も精一杯拝見させていただきま..

足の親指が上がらない・反らない!

  • 2018年5月6日

  深腓骨神経という神経が押さえられて、右足の親指がまったく自力で上がらなくなっていた方が1日にお二人おいでになりました。 同じ障害が1日にお二人いらっしゃいましたので、コラムに書かせていただくことにいたしました。 お一人目は、椎間板ヘルニアの緊急手術を受けられた後にお越..

スポーツ選手も拝見してます

  • 2018年4月30日

BiNIリハビリセンターはスポーツ選手の方々にも沢山ご利用いただいております。 この方、山本健一さん はヤマケンの愛称でその筋では大変有名な方です。 トレイルランニングの世界大会でもたびたび上位入賞されております。 情熱大陸 などにも出演されております。 そのころから時々拝見..

息切れ と 歩くテンポ

  • 2018年4月30日

BiNIアプローチは肺のお病気による息切れに対してもお力になります。 肺の大事な役割のひとつに次のようなものがあります。 酸素を身体に取り込む⇒取り込んだ酸素は細胞に運ばれ身体を動かすエネルギーを作ります。 今回ご紹介するのはとくにBiNIアプローチに特化したことではありま..