天気が悪くなるともう一つ起こる事

  • 2017年10月31日

こんにちは!

バイニーリハビリセンター札幌の小松原です。

 

今日は昨日の台風の影響で、センター前が一面落ち葉で掃除が大変でした・・・。

気温もグッと下がって1桁台が当たり前にもなってきています。

気温が下がり、天気が悪くなると、

昨日お話しした自律神経の問題の他にもう一つ考えられることとして、

身体の内圧の問題があります。

 

通常、身体の中には至る所に圧力を有しており、

例えばたびたび出てくる「腹圧」は陽圧で、胸郭の中は陰圧、関節も陰圧になっています。

この圧力は、呼吸や血流の流れなどに大きく関わってきますが、

 

天気が悪くなると、低気圧になるので、外部の圧が下がります。

そうすると、相対的に身体の中の圧は高まる傾向にあり、圧力バランスが崩れてしまうので、

 

関節がパンパンになり痛みが出やすかったり、循環動態が悪くなり、冷えを感じたり、色々な症状が出てきます。

イメージとしては風船の様に膨らんだり、しぼんだりする感じです。

「寒くなると、また腰が痛くなるのよね。脊柱管狭窄症がまた出てきたのかしら・・・」

なんて方、もしかしたら、これが原因かもしれません。

 

低気圧を変える事は難しいですが、身体の組織を柔らかくする事で、圧力が高まっても適応できる許容量を増やす事はできます。

是非ご相談ください。