脊柱管狭窄症でお困りの方をゼロに、BiNIリハビリセンター小口和弘

ヘルニア・しびれが変わった!

  • 2017年10月27日

脊柱管狭窄症でお困りの方をゼロに、狭窄症ハンターのBiNIリハビリセンター諏訪、小口和弘(おぐちかずひろ)です。

前回、ヘルニアの診断を受けた方をご紹介しました。

前回のコラムはこちらをご覧ください!

https://bini.jp/archives/696

その後の経過をご紹介します。

結論から先に言えば、2度来ていただき4回の施術で症状が消失したので終了となりました。

ヘルニアの診断を受けて、しびれや痛みがあったんです。

それでも、適切にお体を拝見し施術をすることで症状を改善することが可能でした。

ちなみに私はヘルニアを治すことはできませんし、おそらくヘルニアの部分に大きな変化はないと思います。

施術した場所は初回に首の中を通っている神経の動きを引き出し、お尻やすねの部分を走っている神経の滞りも開放していきました。

ヘルニアと診断された腰の部分にはほとんど施術をしていません。

というのはそこがしびれや痛みの原因ではないと判断したからです。

そして、結果として症状が消失しました。

このような方は大変多いです。

なにかしらの診断を受けても、そこが必ずしも症状と関係しているとは限りません。

(もちろん診断名と症状が関係していることもありますが・・・)

いずれにしても、診断を受けたからといって痛みを諦める必要はありません。

とにかく一回、私たちにご相談ください。

あなたのお体がどうなっているのか、私たちの知識・技術でお伝えすることができます。

脊柱管狭窄症でお困りの方をゼロに、BiNIリハビリセンター小口和弘