セミナー講師してきました!

  • 2017年10月18日

こんにちは!

バイニーリハビリセンター札幌の小松原です。

 

昨日はセラピスト向けのセミナー講師をしてまいりました。

内容としては、骨盤周りの検査・評価の仕方と施術技術についてのセミナーでしたが、

私が以前書いた「脊柱管狭窄症あるある」というコラムの中でもお話ししているのですが、

慢性腰痛の方やヘルニアの方、脊柱管狭窄症の方などの多く見られる特徴として、仙腸関節という部分の硬さが目立つ方が多くいらっしゃいます。

 

その結果、腰部で代償して生活していくうちに、ストレスが溜まり、結果昨日も書いた脊柱管の中の組織が硬くなったり、負担を受けたりしてしまうパターンがあります。

また骨盤は身体の中の土台にもなるとも言われているので、この部分が硬くなったり、歪んでしまうと、家が傾くのと同じで、色々な部分にひずみを出し多くの関節に負担をかけてしまいます。

 

そんな大切な部分のお話を昨日はして参りました!!

 

骨盤周辺の問題は女性では出産が関わっていたり、北海道では冬に滑って転んで尻餅やウィンタースポーツで転んで尻餅、交通事故で追突されシートベルトで圧迫されて・・・などで生じてしまうことがよくあります。

当てはまるかなと思った方ご相談ください!