腰痛の85%は・・・

  • 2017年10月12日

こんにちは!

 

バイニーリハビリセンター札幌の小松原です。

 

今日は少し腰痛について調べてみました。

コラムの中でも、脊柱管狭窄症についてなど書かれている事が多いですが、

 

この脊柱管狭窄症のように、

画像上でも原因がはっきりしていて、診断がつく腰痛は15%しかないという事をご存知でしょうか?

残りの85%は非特異的腰痛といって原因が特定できない腰痛になるのです!!

原因が特定できないと治療のしようがありませんので、

薬や湿布で様子をみましょう。。。とか、

安静にして様子をみましょう。。。とかになったりするのですが、、、

痛みを引き起こす場所は身体のあちこちに無数にあります。

筋肉や膜組織、血管、神経、靭帯・・・などなど本当にいっぱいあります。

これらを画像だけで判断するのはなかなか大変です。。。

ただし、それらの組織のどれが原因になっているのか、はっきりしなければ、なかなか効果も出ません。

 

我々バイニーリハビリセンターにいるスタッフは、元々理学療法士という資格を持っており、

これら筋肉や膜組織、血管、神経、靭帯・・・などなどに対して、

どこに負担がかかってしまっているのか、

色々な検査やテストを組み合わせて見つけだし、施術していきます。

薬や湿布で様子をみましょう。。。

安静にして様子をみましょう。。。

といわれ、まだリハビリや施術をした事がない方、是非ご相談ください!