自律神経の問題はお任せください、BiNIリハビリセンター小口和弘

頭痛・めまい、それは自律神経の問題かも?

  • 2017年10月11日

脊柱管狭窄症でお困りの方をゼロに、狭窄症ハンターのBiNIリハビリセンター諏訪、小口和弘(おぐちかずひろ)です。

諏訪はここ数日、暑さが戻ってきて日中はTシャツで過ごせるくらいです。

ただ、明日から最高気温が20℃程度らしく・・・温度変化に体がついていくのが大変ですね(^-^;

こういった時期は頭痛やめまい、疲労感が強く出るなど、よく言われるところの自律神経の不調が起こりやすいです。

自律神経といっても、他の神経と同じで、体中を走っているただのひもです。

働きが他の神経と少し違うだけなんです。

自律神経は背骨やお尻(骨盤)の辺りにたくさんありますので、この時期はここが硬くなっている人がとても多いです。

BiNIリハビリセンターでは、背骨・お尻(骨盤)を調整して自律神経の乱れも整えていきます。

昨日もクライアントさんを施術しましたら、自律神経が整っていくにつれ「スー、スー」と寝息が。

仕事の疲れや不眠などあったようですが、終わった後はとても表情が晴れやかになりました。

血の巡りや呼吸、人が生きていくうえで必要な機能を調整している自律神経ですので、そこが整い軽い足取りで帰られました。

自律神経が整うと、とにかく気持ち良くて、終わった時にはスッキリします。

他にも自律神経を整える手段はありますが、それはまたの機会に・・・

さて、先日10月8‐9日は東京でBiNIアプローチの専門家を対象としたセミナーにアシスタントととして行ってきました。

詳しくはコチラから

そこで前々から気になっていたここに泊まってみました。

BiNIリハビリセンター小口和弘

飛行機のファーストクラスを模したホテル、「ファーストキャビン」って言います。知ってますか?

そうは言っても、カプセルホテルなんですが。笑

狭窄症ハンター、BiNIリハビリセンター小口和弘

普通のカプセルホテルを知っている人なら分かると思いますが、広いですよね(布団の上で立てる)!そしてキレイ!

ただ、カプセルはカプセル。翌日の私は自律神経が乱れ、眠気と軽い倦怠感が・・・

ただそこはBiNIリハビリセンターのスタッフですから、うつぶせゆらゆらで自力調整しました。笑