外反拇趾の方に多い靴の選び方

  • 2017年10月6日

こんにちは!

バイニーリハビリセンター札幌の小松原です。

 

前回は靴の選び方の基本について4つのポイントをお伝え致しました!

もう少しお伝えしたいことを思い出しましたので、今日も靴の選び方をテーマにしたいと思います!

 

今日は外反拇趾の方に多い靴の選び方なんですが、

「親指の付け根がぶつかると痛いから幅の広い靴を選んでます。」

とおっしゃる方がいらっしゃいます。

 

確かに親指の付け根に炎症が起こっている状態のときは、

ぶつかってしまうととても痛いので、それもわかりますし、

炎症が落ち着くまではそちらの方がいいかもしれません。

 

 

しかし、よくよく考えていただきたいのは、

幅の広い靴ということは靴の中に「遊びがある」ということです。

 

つまり、横から足を支えてくれずに、関節は不安定になりやすく、

靴の中で足がズレるので、摩擦が起こりやすく、擦れやすいということです。

 

ちなみに横幅に関しては、D・E・EE・EEEと表記されています。

多くの靴屋さんの店頭ではEE・EEEが多く、ワイドサイズを売りにして売っていることが多いです。

 

ですが、オススメとしてはD・Eが良いかと思います。

 

また横だけでなく、縦の長さも大切です。

皆さんは自分の足の長さ分かっていますか??

 

何となく男性であれば「27㎝かな〜」とか、「親指1本分空けて〜」とかで選んでいませんか??

是非一度メジャー等で計ってみてください!

 

意外と短いです!

 

私も今まで何となく27㎝を買っていたのですが、自分の足のサイズを測ってみると、25.5㎝でした!!

 

靴のサイズの表記は基本的に表記してあるサイズよりも1㎝くらい大きく作っているそうです。

ですので、私がいつも買っていた27㎝は28㎝になっているということです。

 

それはブカブカにもなります。

 

ですので、私は今は25.5㎝の靴を選んだりしていますが、

レディース用の26㎝なども履くことがあります。

 

レディース用はメンズよりも横幅が狭いことが多いので、結構オススメです。

また靴はドンドン履いているうちに広がっていくので、

ピッタリサイズを選んで2週間くらいかけて少しずつ自分のサイズに馴染ませていくイメージが良いかと思います!

 

是非参考にしてみてください!