靴の選び方

  • 2017年10月5日

こんにちは!

バイニーリハビリセンター札幌の小松原です。

 

前回靴の話が出てきたので、

今日は靴の選び方について改めてお話ししたいと思います!

 

バイニーリハビリセンター横浜の根津の方からも靴の選び方については過去のコラムで投稿がありましたが、

今回は私がいつもクライアント様にお渡ししているレターの中から抜粋してお伝えしたいと思います。

チェック項目は4つ程あるのですが、

なぜこの4つになるかと言いますと、

 

①地面に足がつく際、カカトから接地する

②指が曲がるところはどこか

 

がポイントです!

 

①地面に足がつく際、カカトから接地する ですが

歩く際は基本的にカカトから接地するため、カカト部分が柔らかかったり、支えがなかったりすると、グニャっと不安定になります。さらにカカトと距骨という骨で出来る関節がとっても重要というお話をしました。ですので、ここがグニャっと不安定になってしまうと足は崩れてしまう方向にドンドン進んでしまいます。ということで、靴の裏面は硬く、カカト部分も硬くしっかりと支えてくれるものが良いです!

またカカト〜指までの間も歩いている際は基本的には曲がったりしないので、捻れないしっかりした靴が良いです!

 

続いて、②指が曲がるところはどこか ですが、

カカトから接地して、つま先の方向へ体重が移動してきますが、最後指が曲がる部分は親指の出っ張りと同じラインになります。

ですので、この部分だけは柔らかく、曲がりやすい靴が良いです!

靴を足のカカトに合わせて地面に置いて、曲がるラインが親指の出っ張りと同じか確認してください。

このラインがズレていたり、そもそも硬く曲がらなくなってしまっていると、

曲がりたくても曲がらない訳ですから指の関節に負荷がかかってしまい、痛み等につながってきます。

 

いかがでしょうか?

新しい靴を買う時の参考にしてみてくださいね!