扁平足と外反母趾

  • 2017年10月2日

こんにちは!

バイニーリハビリセンター札幌の小松原です。

 

今日は扁平足と外反母趾の関係性についてお話したいと思います。

皆さんは扁平足ってどんな状態か分かりますか?

 

 

写真のように土踏まずが潰れてしまい、足の横幅が広くなった状態ですね。

 

次に外反母趾はいかがでしょうか?

 

足の親指の部分が外向きになり、付け根部分はぼこっと骨が突出してしまっている状態です。

 

つまり、扁平足になってしまい、全体的に横幅が広くなった状態で、つま先の狭い靴等を履くと外反母趾になりやすいです!

 

なので、臨床でも女性の方がやはり多い傾向にあります。

やはり、ハイヒールや女性用のおしゃれな靴等は先が細くなっている靴が多いからですかね〜???

 

またちょっとした小ネタですが、

私一度だけグアムに旅行に行ったことがあるのですが、

 

現地の方は皆足が幅広くなっており、扁平足の状態でした。

 

 

だけど、外反母趾になっている方は1人も居ませんでした!

 

 

なぜかな〜と考えていたのですが、

 

たどり着いた答えが、「サンダルだからなんじゃないか」ということでした。

 

つまり、暑い常夏のリゾート地なので、皆さん基本サンダルの生活をするのだけれど、

サンダルだと足を横から支えることが出来ず、徐々に崩れていってしまい、扁平足になる。

 

ただ先の細い靴は一切はかないので、幅広の足のままでいられる。

 

といった私なりの答えにたどり着きました。

 

・・・ま〜だからどうしたって話ですが、、、

 

 

はい、

 

 

明日は扁平足についてもう少し掘り下げていきたいと思います!