お尻の痛みがこんなところから!?

  • 2017年9月27日

こんにちは、BiNIリハビリセンター諏訪の小口です。

今回はお尻の痛みを抱えたクライアントさんをご紹介します。(前もお尻の痛みだったような・・・まぁそこは忘れましょう。笑)

この方は長く立っている時、長く歩いた時に左のお尻に痛みが出るとの事でした。ここで「脊柱管狭窄症での症状と似ているな」と思いました。

脊柱管狭窄症の症状で特徴的なのは、長く歩いたり立ったりしていると痛みが出るというものです。その痛みは座って休むことで無くなります。似てますよね?

でもこの方、病院に行ってましたが脊柱管狭窄症の診断は受けていません。ということは、脊柱管狭窄症では無いけれど、それと同じようなことが体の中で起こっていると予想されました。

うまく伝わってます?

この症状には幾つかポイントがあって、首や背骨、骨盤などで血の巡りや神経の動きが悪くなっている可能性が高いです。この方もそれを予想してお体を拝見しました。

骨盤や首の骨のところで神経の動きが非常に悪くなっていたので、そこを施術することで症状緩和が得られました。

が・・・痛みを取りきるところまでいきません。

そこで3回目の施術で、さらに詳細にお体を拝見すると、左のすねの部分でも神経の引っかかりが見つかりました。

そこをていねいに施術することで痛みを改善することができました。

この方は、首や骨盤まわり、そして左のすねが痛みを引き起こす原因だったんですね。

すぐに施術が上手くいく場合もあれば、試行錯誤を繰り返しつつ良くなっていくときもあります。ただ、来ていただける以上は、最後まであきらめません。

同じような症状をお持ちの方、安心してお体をお任せください。必ずお力になります。