世はボルダリングブームでしょうか?

  • 2017年9月14日

バイニーリハビリセンター諏訪 前島です。

先週末はボルダリングをやりに、松本エッジに行ってきました。

久しぶりにいったので、ほぼ初心者みたいなもんでしたが、一時期は週3回くらい通ってました。

 

ボルダリングの魅力はなんといっても、その課題(コース)ができた時の達成感と攻略の際の試行錯誤でしょう。

写真は塩尻のハンドジャムというお店です。相場と比較してすごく安いですし、課題や壁も豊富なので、オススメです。

 

さて、最近足の相談を受けまして、バレーやボルダリングに関して、つま先立ちを多用する運動に関しては足の変形が伴う事が多いです。

しかも、これは熱心にやれば、なおのことです。下の画像がそんな感じです。

 

 

足のアーチを極限まで高めた状態で足の外在筋を長時間利用することで、足のアーチを保持する筋の後脛骨筋の機能不全に陥ります。

ここから扁平足になってしまう人もいます。

加えて、靴の形状から指の先を内側に曲げた状態での動作になることも要因になってきます。

 

歩くための足でなく、スポーツのための足になってしまうそうな。

なので、クライミングシューズやバレーシューズには入れれませんが、その他のタイミングでは足が使えるように足底板をいれるのが効果的です。

 

次回はじゃあどうしていこうか。対策編でも書きます!