こんな人こそ!

  • 2017年9月13日

こんにちは、BiNIリハビリセンター諏訪の小口です!

外反母趾でお悩みの方、もうご安心下さい。その痛み、私たちで改善することができます!今回は外反母趾による痛みでお悩みだったクライアントさんをご紹介します。

この方は足の変形によって外反母趾が生じており、歩くと親指の付け根の痛み、そして足の指を立てた状態で正座をすると指の付け根が痛くなるとのことでした。仕事柄、正座をすることが多いこと、そして高さのあるパンプスを履かなければならないとのことでした。

足を拝見すると、足の前の方にあるたくさんの関節が「ゆるく」なっており、グラグラしていました。そのため足の形が崩れ、訴えにあったような痛みが生じていました。

こういった状態の方は、施術に合わせて「足底板」を使うことが改善のためのベストだと考えています。

そして、パンプスは足の形を大きく崩す原因なので、そこも変更できないか模索しましたが・・・職場の規則上、どうしても難しいとのことでしたので、パンプスに入れられる足底板を作成することにしました(本来であればスニーカーに入れていただくのが一番いいです!)。

完成品がこちら

 

パンプスはかかとの部分が浅めに作られているので、足底板を入れるとかかとが脱げやすくなりがちです。そのため、そこを考慮し、かつ効果が損なわれないギリギリのところで薄さを調整しました。

あとはこれを履いていただいて、効果を実感していただくだけです。ご本人にお渡しするのが楽しみです(^ ^)

外反母趾や足の痛みなどでお悩みの方、足を「ちゃんと」みれる場所は日本に少ないのが現状です。一度、我々にご相談ください。必ずお力になります。