足の痛み、これが解決します BiNIリハビリセンター小口和弘

やっぱりオーダーメイド!

  • 2017年9月11日

脊柱管狭窄症でお困りの方をゼロに、狭窄症ハンターのBiNIリハビリセンター諏訪、小口和弘(おぐちかずひろ)です。

タイトルの通り、やっぱりオーダーメイドがいいんですよねぇ。既製品とは効果が段違いです。

足の痛み、これが解決します BiNIリハビリセンター小口和弘 足の痛み、これが解決します BiNIリハビリセンター小口和弘

そうです。オーダーメイドの足底板(オーソティックス)

人の足は左右で必ずと言っていいほど違います(同じならそれはそれで問題です!)。そしてその程度も様々。だから既製品では限界があるんです。今回はBiNIリハビリセンター諏訪で足底板を作られたクライアントさんをご紹介します。

「長く歩いていると片方のお尻に痛みが出る」これがクライアントさんの訴えでした。何度か施術し、お体の状態をみていく中で足底板が有効だと判断し、作成することとなりました。

当初はお尻周辺の神経と首を通る神経が滞っていることでの痛みだと考え施術を行っていました。施術によって痛みは当初の半分くらいに減少しましたが、消失するまでには至りませんでした。そこでお体をさらに詳細にみていくと、右の足関節周辺に硬さが強くありました。これによって歩くときにお尻に負担がかかり痛みが出るものと思われました。施術によって関節の硬さは取れましたが、今度は足部の緩さによって理想の動きが得られにくい状態が問題点として挙がりました。

そうなると足底板の出番です。足底板によってゆるい足を補正し、歩いているときに理想の動きが可能となります。そうなればお尻への負担はなくなり、痛みもなくなるわけです。

足底板が有効なケースは足のトラブルだけではありません。人間の体はすべてつながってますから、足という「土台」を整えることで症状が変化する場合が大変多いです。

気になる方、一度近くのセンターにご相談ください。アメリカ足病医学を学んだ私たちが、足と身体の関連をしっかり判断しお力になります。