踵の痛み…. 踵骨棘?

  • 2017年9月1日

BiNIリハビリセンター長野です。
昨日お越しになった30代女性。サービス業で、日中殆ど立っておられます。
2月ほど前から体重をかけると右足踵の痛み、そのうち左の踵も。
体重をかけないと痛くないですが、休んでいて歩き始めるときに刺すような痛みがあり踵をつけません。
しばらく歩くと徐々に慣れてはくるものの痛みがなくなることはなく、さらに歩くと足裏がむくんだ様になりジワジワとした痛みが加わってきます。
整形外科でレントゲンをとると踵の骨にトゲがあり、これが原因と言われたそうです。病名は踵骨棘。足底腱膜炎の原因にもなる病気です。

しかし2ケ月経過しても一向に良くならないので、当センターをご利用いただいているお母さまのご紹介でおみえになりました。扁平足を補正するインソールを使用しても全く効果がないとのこと。

詳しくお話を伺いお身体を拝見します。骨棘がある場所を押しても全く痛みがありません。踵の真下を押すと強めの痛みがあります。どうも骨棘の痛みではなさそうです。

押して痛い場所を詳しく拝見すると、踵の骨の下にあるクッション材である脂肪体(下図参照)が硬く痩せてしまっています。

身体デザイナー

さらにこの脂肪体に来ている神経が内くるぶしの下で圧迫されていて、それに引っ張られて踵の骨がまっすぐ地面に接触していません。

なるほど。内くるぶしの下で圧迫されている神経を解放して、踵の下の脂肪体を解きほどいて捻じれをとりながら柔らかくしていきます。再びクッション作用がもてるように。

片足30分、両足で1時間、しっかりと調整させていただきました。

そして、歩いてみると…….

「痛くない! 踵からつける! 2月ぶり~!!」

痛みが消えて終了です。念のため セルフケアをお伝えしました。

 

どこに行っても良くならない方、最後にお越しください。

(身体デザイナー 山岸茂則)