ヒモ靴 VS BOA(ダイアル式)-BOA編②-

  • 2018年2月8日

こんにちは。

満足先生こと、バイニーリハビリセンター横浜(フットケアーラボ)の根津です。

本日は、 「ヒモ靴 VS BOA(ダイアル式)-BOA編②

について、お伝えします。

 

前回は、「BOAのメリット、デメリット」についてお伝えしました。

今回は、「BOAを選ぶ」についてお伝えします。

 

 

〇BOA

前回、BOAのデメリットとして、

⓵一様に締め上げてしまう

⓶緩みやすい

➂ワイヤーが切れやすい

をあげました。

 

①を中心にお伝えします。

ダイヤルの位置によって、締め上げる方向が変わります。

前面:足首の骨格の前にあり、たいていの場合は図のような部位にあたります。きつく締めあげることで、足の骨格を下方向に誘導してしまうのでおススメしません。

(特にローカットの靴)。後面のタイプと比べても足首の安定性に欠けます。足首が動いてしてしまうので緩みやすいです。

ゴルフで使用すると、重心が前に行きやすくなるという方がいます。良いと思われがちですが、骨格が安定しての前重心と違って足(ふくらはぎ)

のアウターマッスルが頑張り過ぎてしまうことで、スイングが安定しない、足が疲れやすくなるなどの意見があります。

側面:止む負えず横幅が大きい靴の場合、甲高で足の横傾斜が大きいタイプの足の場合に適しています。

どうしても履きたい靴・・・でも横幅が広くて合わない。甲高で、足の外側が締まりにくい。

このような場合、再度から締め上げるとフィットしやすくなります。

後面:足回りをしっかり安定させたい場合に適しています。

扁平足や開帳足などの足タイプの場合で、どうしてもBOAを履きたい場合はおススメです(できるならヒモ靴が良いです)。

 

ご自分の足のタイプ・靴の形状によって選んでいただきたいと思います。

 

次回は、「ヒモ靴 VS BOA まとめ」についてお伝えします。

 

靴や足について知りたい方、お気軽にお問い合わせください。

 

”足が満たされると幸せになる”

満足先生  根津 憲継(ねづ のりつぐ)

フットケアーラボ/バイニーリハビリセンター

045-227-5338

footcarelab@superfeet-jp.com

痛みやしびれ等のお悩み、リハビリのご相談は、
 以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

< お問い合わせフォーム >

  • お名前 (必須)


  • ふりがな


  • お問い合わせの種類 (必須)


  • あなたのお立場 (必須)


  • 電話番号 (必須)


  • メールアドレス


  • ご住所


  • お問い合わせ内容 (必須)