『膝の痛み』なら、バイニーリハビリセンター東京銀座

  • 2018年1月5日

膝の痛み』は、
おひとりで悩まないでください!

理学療法士

舟波真一(ふなみしんいち)舟波真一(ふなみしんいち)

『腹圧先生』こと
舟波真一(ふなみしんいち)のコラムは、
こちらからご覧いただけます。

  • 膝の痛み』にお悩みではないですか?
  • 膝の痛み』に正しいリハビリおこなっていますか?
  • 膝の痛み』の治療方法をお探しではないですか?

東京、または、東京近隣にお住まいでしたら、

まずは、
 バイニーリハビリセンター東京銀座に、
 お問い合わせ or 足を運んでください。

以下、
 当サロンが提唱するバイニーアプローチにて、
 『膝の痛み』を改善された方の事例をご紹介します。

膝の痛み』にお悩みだった50歳代女性の事例です。

脳梗塞を患い、
 「力を入れて頑張るリハビリ」を一生懸命続けました。

「力を入れて頑張るリハビリ」により、
 リハビリ当時、機能改善はみられたとのことです。

ただし、
 良く動く方に負担をかけ続けたようで、
 その代償として、身体が大きく歪んでいました。

その後、
 『膝の痛み』=『大腿神経痛
 に悩まされているとのことでした。

  • 脳梗塞の影響で麻痺した右肩は下がってしまい
  • 顔が下向きとなり歩き方はたどたどしい
  • 胴体は前かがみで、下ばかり向いてしまう

「力を入れて頑張るリハビリ」は、
 機能改善に寄与する一方で、
 時間がたつほどに、体の歪みを助長してしまいます。

その結果、
 数か月後、あるいは数年後、
 『膝の痛み』というあらたな悩みを抱える方が
 実にたくさんいらっしゃいます。

本事例の方が、まさにそのケースです。

このようなケースによる『膝の痛み』は、
 麻痺した側に出ることもあれば、
 良く動く側に出ることもあります。

下図の青色は『大腿神経』支配領域です。
大腿神経
 青い領域の痛みは、
 『大腿神経』が感じる痛みです。

比較的痛みを生じやすい
 膝の内側や前側の『膝の痛み』は
 『大腿神経』が痛みを感じているのです。

これを『大腿神経痛』といいますが、
 『膝の痛み』のほとんどは『大腿神経痛』です。

こちらの写真をご覧ください。

① 麻痺した右肩は下がり、顔は下を向き、
   歩き方がたどたどしくなっています。

『大腿神経』は首を通りますが、
 このようになると、
 首で『大腿神経』の情報を伝える神経を押さえ、
 『膝の痛み』を出すことがあります。

② 胴体は前かがみで、下ばかり向いていました。

『大腿神経痛』を患っている場合、
 無意識に、胴体を前かがみにして『大腿神経』を緩め、
 痛みを軽くしようとすることがありますが、
 歩行の状況は、まさにその様子でした。

このような歩行の場合、
 痛みは軽減されますが、
 歩幅はどうしても伸びないため、
 歩くスピードが遅くなってしまいます。

この方には、
 バイニーアプローチによるリハビリ
 =「力を入れないリハビリ」を
 まずは、3か月間おこなっていただきました。

その結果、
 右側(写真)のような歩き方に改善しました。

『大腿神経』の緊張を抜いていくことで、

  • 膝の痛みが軽減し、
  • 麻痺した肩が下がらなくなり、
  • 上体が起き、前を向き、
  • 歩幅が伸びて歩くスピードがあがりました。

バイニーリハビリセンターでは、
 『膝の痛み』にお悩みの方には、
 「力を入れないリハビリ」として、
 『うつ伏せユラユラ』をお勧めしています。

うつ伏せが難しい場合、
 『座ってユラユラ』
 『立ってユラユラ』
 『あおむけユラユラ』
 などの方法もございます。

詳しくは、
 書籍「痛みはうつぶせで治しなさい」にて
 ご覧いただけます。

膝の痛み』は、
 おひとりで悩まれていても、
 一切改善いたしません。

まずはお気軽にご相談ください。
 バイニーリハビリセンター東京銀座
 TEL: 03-6263-0998

メッセージ

舟波真一(ふなみしんいち)

病院で働きながら、また、講師活動をしながら、多くの皆さまが悩み、苦しんでいるのをみてきました。しかし、経験豊富な理学療法士に、直接いろいろ相談できる場所はほとんどありません。いろいろな整体院やカイロ・マッサージはあるけど、どこに行っていいかわからない。いろいろ行ったけど、良くならない。そのように感じている方が多いのではないでしょうか?誰かがやらなければ、何も変わらない。悩んでいる人々を幸せにしたいという強い願いで病院から独立、BiNIリハビリセンターを立ち上げました。他にはない、バイニーアプローチは保険も適用されませんが、その効果は非常に優れており、どこに行っても良くならなかった痛みや運動が改善するため、多くのクライアント様にお越し頂いております。そのほとんどが口コミであり、私の信念に共感してくださる方々によって支えられています。日本のすべての人を笑顔に、幸せにしたい。健康な生活、社会、世界に誇れる日本にしたいという願いを、東京銀座から発信していきたいと思っています。完全予約制でじっくり施術させて頂いております。悩んでいるあなただけの時間と空間をお約束いたします。

サービス

料金 施術料(90分程度):
10,000円(初見料:5,000円)
営業日 月曜日〜金曜日
営業時間 午前10時〜午後21時00分

施設情報

施設名 BiNIリハビリセンター東京銀座
住所 〒104-0061
東京都中央区銀座2-7-7
GINZA 2nd Ave. 1-B 5F
電話番号 03-6263-0998
E-mail funami@bini-center.com
FACEBOOK

< お問い合わせフォーム >

  • お名前 (必須)


  • ふりがな


  • お問い合わせの種類 (必須)


  • あなたのお立場 (必須)


  • 電話番号 (必須)


  • メールアドレス


  • ご住所


  • お問い合わせ内容 (必須)


< 最寄り駅 >
・東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線
 「銀座駅」A13番出口より徒歩3分
・東京メトロ有楽町線
 「銀座一丁目駅」9番出口より徒歩1分
・JR線「有楽町駅」より徒歩6分

中央通りティファニービルの真後ろで、
 ペンのマークのK.itoyaさんの
 目の前のガラス張りのビルです。

最寄駅からの道案内

1. 銀座中央通りから1本入った道沿いのビルです。ちょうどティファニーさんの真後ろになります。
2. 東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」9番出口から徒歩1分です。東京メトロ「銀座駅」A13番出口より徒歩3分です。
3. ティファニー、itoya、BVLGARIと並んでいます。
4. 銀座二丁目の信号を昭和通り方向へ入ります。
5. ドトールコーヒー、サンマルクカフェが見えます。
6. 右側にはアニエスbがあります。その1本目の道を左手に入ります。
7. そうすると、ティファニーやクリップのマークのitoyaの真後ろになります。ペンのマークのitoyaも見えます。
8. ペンのマークのitoyaさんの目の前のガラス張りの素敵なビルが、ギンザセカンドアベニュー1ビルです。
9. このガラス張りのビル5階がBiNIリハビリセンター東京銀座(バイニーアプローチセンター)です。中央通りからすぐですから、アクセス抜群です。
10. エントランスに入りますと、左と右にエレベーターがあります。当センターは右手奥のエレベータ―5Fになります。わかりにくいかもしれませんので、よくご確認ください。
11. ここが、エントランスからみて右手奥のエレベーターになります。このエレベーターに乗って5Fが当センターとなります。
12. エレベーター5階のドアが開きますと、BiNIリハビリセンター東京銀座(バイニーアプローチセンター)のエントランスとなります。