胼胝(タコ)、魚の目(ウオノメ)のタイプ別の原因①

  • 2017年12月29日

こんにちは。

満足先生こと、バイニーリハビリセンター横浜(フットケアーラボ)の根津です。

本日は、 「胼胝、魚の目のタイプ別の原因①」

について、お伝えします。

前回、タコ・ウオノメができやすい場所として紹介しました図について、どうしてできるのか説明していきたいと思います。

①~⑧まで番号付けしましたので、

毎回1つずつお伝えしたいきます。

 

①親ゆびの下にできる

・足の親ゆびの関節(MP関節)が硬くなっている。

MP関節が硬くなっているので、ゆびが上に上がらず(背屈せず)に摩擦がかかります。

・親ゆび付け根の骨(第一列)が上を向いている(背屈)している。

わかりにくいので、図をご覧ください。

このように、親ゆびの付け根の骨(第一列)が上を向いている(背屈)と、親ゆびの関節の可動域が小さくなります。これは、第一列の骨格の運動がMP関節の可動域に影響を与えているということです。
図のように、第一列が背屈しているということは、「扁平足」「開帳足」の方に多いです。

・第一列が第二列より長い

親ゆびの付け根の骨(第一列)が、隣のゆびの付け根の骨(第二列)より長い場合

・先天的または後天的な第一列の背屈変形

・外傷

 

が考えられます。

第一列の問題が一番多い印象です。

 

タコ・ウオノメなどの足のお悩みは、お気軽にお問い合わせください。

 

”足が満たされると幸せになる”

満足先生  根津 憲継(ねづ のりつぐ)

フットケアーラボ/バイニーリハビリセンター

045-227-5338

footcarelab@superfeet-jp.com

痛みやしびれ等のお悩み、リハビリのご相談は、
 以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

< お問い合わせフォーム >

  • お名前 (必須)


  • ふりがな


  • お問い合わせの種類 (必須)


  • あなたのお立場 (必須)


  • 電話番号 (必須)


  • メールアドレス


  • ご住所


  • お問い合わせ内容 (必須)