胼胝(タコ)と魚の目(ウオノメ)の違い

  • 2017年12月27日

こんにちは。

バイニーリハビリセンター横浜(フットケアーラボ)の根津です。

今回は、 「胼胝(タコ)と鶏眼(ウオノメ)の違い」

について、お伝えします。

 

削っても削ってもまたできるタコやウオノメ。。。

きりがないのと、人によっては痛みを伴います。

 

では、タコとウオノメの違いは何でしょうか?

〇胼胝(タコ)

正式には、「胼胝(べんち)」といいます。

皮膚に繰り返しの摩擦がかかりやすい場合、皮膚が硬くなって肥厚(ひこう)してきます。

扁平足や開帳足、靴を緩く履くなどによって特定の部位にタコできます。

 

〇魚の目(ウオノメ)

正式には、「鶏眼(けいがん)」といいます。

皮膚に繰り返しの縦方向の摩擦や刺激がかかりやすい場合、皮膚が硬くなって、肥厚して皮膚の内側にめり込んできます。

硬い靴や、硬い足(足の関節が硬い)、すり足などの歩き方の問題で起きやすいです。

 

〇共通点

共通している点は、「足の特定の部位に繰り返しの刺激が入ること」です。

次回は、 「胼胝(タコ)や魚の目(ウオノメ)ができやすい場所」

について、お伝えします。

 

足についてご自分で解決できないお悩みは、お気軽にお問い合わせください。

 

”足が満たされると幸せになる”

満足先生  根津 憲継(ねづ のりつぐ)

フットケアーラボ/バイニーリハビリセンター
 045-227-5338
 footcarelab@superfeet-jp.com

痛みやしびれ等のお悩み、リハビリのご相談は、
 以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

< お問い合わせフォーム >

  • お名前 (必須)


  • ふりがな


  • お問い合わせの種類 (必須)


  • あなたのお立場 (必須)


  • 電話番号 (必須)


  • メールアドレス


  • ご住所


  • お問い合わせ内容 (必須)