腹圧

腹圧ダイエットと食事

  • 2017年12月20日

みなさん,おつかれさまです。

腹圧博士こと,舟波真一(ふなみしんいち)です。

腹圧の大切さや,腹圧健康法をお伝えしております。

腹圧は,脳幹で調整されていますので,脳幹の専門家でもあります。

腹圧ダイエットについて,連載してますが,

脳幹を刺激し,腹圧を上げることで,ダイエット効果が高まるというものです。

毎日,ベッドの上で,寝る前と朝起きた時に10分くらい,

うつぶせになってユラユラするだけ!

腹圧トレーニング,というか,腹圧コンディショニングですね。

筋トレやトレーニングは続かないので(;^ω^)

そして,通勤途中や日常生活では,リズムを意識するだけで,

基礎代謝や体温が上昇し,痩せやすいからだになるのです!

今回は食事との関係性について。

腹圧

脳幹は食欲も調整するので,

脳幹を刺激することにより,食べ過ぎることも少なくなります。

腹圧がアップすると,腸間膜が適正な緊張を保つようになるので,

内臓が正しい位置にもどってきます。

胃などが緩んでいると,なんだか食べても食べても満腹感にならないというか,

とにかく食べ続けてしまうんです。

おなかいっぱいだよー!という信号を出すところが脳幹なので,

脳幹を刺激して,腹圧を整えることによって,適度な食事量で満腹感を感じるようになります。

脳幹を刺激するためには,まず,三半規管をゆする!でしたね。

腹圧

リズムにのることが大事です。

そして,脳幹で生きている動物のマネをすること。

爬虫類のマネですね!そう,うつぶせです。匍匐(ほふく)前進でもいいです!

我々は,ベッドの上で出来るうつぶせユラユラを推奨しております。

腹圧

食事量をムリヤリ制限しなくても,自然と胃が小さくなって,

おなかがいっぱいになりやすいですよ!

 

それでもムリなら,一度,BiNIリハビリセンター東京銀座までお越しください!

< お問い合わせフォーム >

  • お名前 (必須)


  • ふりがな


  • お問い合わせの種類 (必須)


  • あなたのお立場 (必須)


  • 電話番号 (必須)


  • メールアドレス


  • ご住所


  • お問い合わせ内容 (必須)