人の身体6~7割が水です。

  • 2017年12月10日

人の身体は6~7割が水です。

実は半分以上水です。

それほどに水は大切です。

身体から水が枯渇すると気が付かないうちに様々な弊害がおこります。

身体内の水を伝わって、様々な情報が行き来して、これが身体を上手いこといくように調節しているからです。

下図は血管から細胞に、体内の水をとおして免疫細胞が伝わる仕組みが描かれてます。免疫細胞に限らず細胞と血管の間でも情報が伝わるのは、その間を埋めている水にのっていろいろな物質が移動するからです。

身体デザイナー

困ったことに、これは勝手に行われているので、自分では意識しずらいです。

ですから、この水が身体に十分に満たされてる必要があります。

身体内の水を枯渇させないようにするためには、何が重要か考えてみましょう。

①まず水は一回に沢山飲み過ぎるとホルモンの利尿作用によって尿として排出されてしまいます。ですので、一回にはコップ1杯以内をお勧めします。

②体温からあまりにもかけ離れた温度は吸収されづらいです。ですのでできたら常温がお勧めです。

③水の濃さも体に近い方がよいです。ので適度な塩分や糖分があるのはありです!

 

さて、話は変わってスワール現象というのをご紹介します。

この世界はどうしてそうなるかわからないことが沢山あります!

下の動画はスワール現象を示しています。

円管の中の水を直線的にゆするとなぜか螺旋的な動きをします。

我々の技術の中にCOPオシレーションというのがあります。

簡単にいいますと、うまいこと身体と揺すります。

半分以上が水分の身体において、このスワール減少の知識は重要でBiNIアプローチを実践できるセラピストはこれを理解しています。

これを熟知して行うCOPオシレーションは本当に心地よく、終わると「なぜか身体が調子いい」。

是非ご体感ください!

(身体デザイナー 山岸茂則)