腰痛予防の基本

  • 2017年12月8日

バイニーリハビリセンター諏訪 前島です。

さて、腰痛を自分で治そうとなるとまず何をやりますでしょうか?

腰痛の方から良く聞くのが「じゃあ、先生腹筋弱いってこと?」

そう、腹筋弱いから腰痛になる理屈です。じゃあ、腰痛には腹筋ってことでワンダーコアをポチるのは早急です。

なぜなら、腹筋が弱いから腰痛になるというわけではなさそうです。

2017年8月 chunらは腰痛の患者796名、腰痛のない健常者927名からなる13の研究報告から、腰痛の前腕角度の関係を分析したメタアナリシスを報告しました。

メタアナリシスというのは論文の中でもすごい信頼できますよ。というものです。

結果、腰痛のある患者は腰の反りが健常者と比べて少ないと示されたのです。

つまり、腹筋の筋力よりも背中が丸くなっているということです。

なので、従来の腹筋は背中を丸くしてしまう点でこれ如何なものか。。。。ちなみにこの筋トレで鍛えられるのは腹直筋。これやっても本当に臨床的にうまくいかない。むしろ悪化することも(苦い思い出)

でも、従来の治療はそれが勧められていたんです。ウィリアム体操という有名な腰痛体操にも腹筋がありますから。

では、腰痛にがどうすりゃいいんだ?一つ猫背を予防するというのは手かもしれません。

その方法は腹圧を上げるということです。あとは背骨を柔らかくするということ。

腹圧の上げるということに関してはここのブログにたくさんあるので、そこは腹圧先生にまかせて。

 

様々な観点から、腰痛を改善するバイニーアプローチです。