膝関節のセッティングは良いのか?

  • 2017年12月7日

こんにちは。

満足先生こと、BiNIリハビリセンター(横浜)の根津です。

 

本日は、 膝関節のセッティングは良いのか?

についてお伝えします。

 

膝関節のセッティングとは、膝を伸ばした状態で、膝裏を床面に押さえつけるように動かすトレーニングです。

大腿四頭筋に力が入るので、膝関節の周りの筋肉を鍛える運動として広く知られています。

 

が、

デメリットも存在します。

①膝のお皿の周りが硬くなってしまう(お皿が大腿骨にくっついてしまう)。

膝のお皿(膝蓋骨)と大腿骨は「膝蓋大腿関節」という関節をなしています。関節なので、軟骨や関節包(関節液が循環する袋)があります。

セッティングをしますと、膝のお皿を過度に大腿骨に押さえつけることになります。膝のトレーニングを行おうと思っている方は、すでに関節軟骨や

関節包などが硬くなっていることが多いですので、硬さに拍車をかける恐れがあります。関節液が循環できなくなって、関節軟骨の摩擦が上がり、擦り減ってしまう。ことになりかねません。

 

②大腿四頭筋は、アウターマッスルです。

アウターマッスルの努力的なトレーニングをすると、無意識に姿勢を調整している脳幹の神経(全身のインナーマッスルを司っている部分)が不活性化します。

インナーマッスルは腹圧などにも関与しており、体幹をしっかりする重要な要素です。体幹がしっかりするから、四肢の筋肉がしっかり働けるワケ

ですので、結果として膝関節の周りの筋肉も筋パワーを発揮しにくくなります。

簡単にいえば、反って膝関節の周りの筋肉は働きにくくなる。ということです。(詳しくは「腹圧先生」のコラムをご覧ください)

では、セッティングにメリットはないのか?

・・・あるんです!

今年、7月に放映された「ためしてガッテン」膝関節についての回がありました。

 

セッティングにて、大腿四頭筋に力が入ると「膝の関節包が引っ張られて動く」というものです。

膝のお悩みを持っておられる方は、膝の関節包が硬いことが多いです。そこの動きを間接的に出せるんです。

硬い組織は、動くことで循環がよくなり、組織に水分や栄養分が浸透しやすくなります。

つまり、柔らかくなるということです。

 

結論としまして、

「強いセッティングは良いことがないが、軽いセッティングは膝関節の柔軟性を出すことに適している。」

と言えます。

 

参考にしていただければ幸いです。

 

今回は、以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

もっと詳しく知りたい方は、お問合せ下さい!

 

 

”足を満たすと幸せになる”

満足先生  根津 憲継(ねづ のりつぐ)

 

FOOTCARE LAB/BiNIリハビリセンター

045-227-5338

footcarelab@superfeet-jp.com