腹圧

犬や馬やライオンの腹筋?

  • 2017年12月5日

みなさん,お疲れ様です。

腹圧先生こと,舟波真一(ふなみしんいち)です。

BiNIリハビリセンター東京銀座です,よろしくお願い申し上げます。

腹圧シリーズ16回目。

現在は進化の過程をさかのぼって,腹圧を考えています!

腹圧

うつぶせは根源的な運動だから,とてもいい!という話しでした。

爬虫類の話しをする前に,哺乳類,四つ足動物のはなしです。

犬や猫や馬や虎やライオンさんて,とても足が速いですよね?

人間なんか,まったくかなわない。(笑)

サバンナでうろうろしてたら,それこそライオンさんのエサになりますね,私(笑)

すごく足が速いので,そりゃすごい腹筋だろうと思いますよね?

でも,四つ足動物のおなか見てください。

あれ?

おなか,垂れ下がっていません?

腹筋,6つに割れてます?

シックスパッド?

ぜんぜん,割れてませんよね?

やっぱり垂れ下がってます。

腹圧

そう,四つ足動物は,めちゃくちゃ足が速いですけど,

腹筋はバリバリついているわけではないのです!

足を速く動かせる条件に腹筋は入らないのです。

びっくりですよね?

じゃ,あの四つ足動物のからだは何で支えられているのか?

そう,腹圧ですよね!

腹筋はそれほどないけど,腹圧がすごいんですよ!

人間の子供と一緒ですよ。

腹筋じゃなくて腹圧。

動物は腹圧が重要です。

人間だって腹圧が重要です!

 

腹圧の専門家,舟波真一でした。

おからだの痛みや脳梗塞でお悩みの方,

BiNIリハビリセンター東京銀座までお越しください。

< お問い合わせフォーム >

  • お名前 (必須)


  • ふりがな


  • お問い合わせの種類 (必須)


  • あなたのお立場 (必須)


  • 電話番号 (必須)


  • メールアドレス


  • ご住所


  • お問い合わせ内容 (必須)