腹圧を下支えするものとは?

  • 2017年12月3日

こんばんは!

腹圧先生こと,舟波真一(ふなみしんいち)です。

BiNIリハビリセンター東京銀座からお届けいたします。

腹筋よりも腹圧が非常に重要ですよ?という,

今までの既成概念を覆すような事を申し上げております。

腹圧はからだの中心の風船のような空間で,

膜組織でつながってますよ,というお話しの続きです。

からだの中で腹圧をつくっている,上側,天井側は横隔膜です,

というお話しはしました。それは別のコラムをみてくださいね。

今回は下側の話しです。

腹圧を下支えしているもの,です!

上が横隔膜で,下は……

 

骨盤底筋群とそれを包む膜組織です!

 

図をご覧ください。

腹圧

このように骨盤の下側を覆っている筋肉たちとそれを包む膜組織が

腹圧を下支えしております。

骨盤底に穴が開いておりますが,

それは肛門と尿道ですね。

その骨盤底筋群の膜は,骨盤の骨膜につながっていたり,

骨盤内の膀胱や子宮や直腸などの臓器を包み込んで

腹横筋の筋膜や背骨側にある胸腰筋膜につながっていきます。

女性は特に,この骨盤底筋群が大事ですよ!

なんてことをよく耳にすると思いますが,

腹圧と非常に深い関係があるからですね!

例えば……尿漏れとか。

これについてはまたコラムで書いていきます。

上が横隔膜で下が骨盤底筋群で作られている腹圧。

呼吸と尿漏れとの関係もありそうです……

また,腹圧を下支えしている骨盤底筋群は

腕や足の筋肉みたいに,意識してガンガン鍛えるというのが

少し難しいんですよ。

だって,みなさん,今この瞬間に腕に力を入れてください!

と言われたらすぐに出来るけど,

骨盤底筋に力を入れてください!って言っても

どうやっていいんだかわかんないですよね?

ま,そういうことなんです。

骨盤底筋はインナーマッスルの仲間なんです。

そしてインナーマッスルはあんまり意識できないわけですよ。

3層構造のいちばん内側の腹横筋もインナーマッスルで

なかなか意識できません。

外側のアウターマッスルの腹直筋はすぐに力が入りやすいですけどね。

それは腹圧をあまり意識していないのと同じなんです。

横隔膜だって意識してないでしょ?

呼吸は,意識しないでやってるものですから。

眠ってても呼吸してるでしょ?(笑)

そういうことです。

ま,意識的に吸って吐いては出来ますけど,普段はしてない。

じゃ,その意識してない腹圧をどうするかってのは,

順を追って説明していくんで,

このコラムを楽しみにしておいてください!

末長いお付き合いをよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

 

腹圧先生こと,舟波真一(ふなみしんいち)でした!

おからだの事でお悩みがある方,

BiNIリハビリセンター東京銀座まで,お越しください!