治せない足の問題は足底板で対応します

  • 2017年12月2日

快適に動く身体をデザインするのに、足底板が必要になる場合があります。

私たちが使うのはNWPL社製オーソティックスというものです。

スマートキャストシステム(どのようなものかはこちらの動画をご覧ください)というものを用いて採型して、あなたのためだけの足底板をおつくりします。このシステムを使うと足のタイプが非常に良くわかります。

下の1つ目の図は 適正なタイプ の足です。

踵に対してつま先の方が若干の動きをもっているので、赤の2本のラインは平行から若干逸脱しています。

これに対して下の図は2本のラインが物凄く大きな角度をもっております。

これは動き過ぎです。

足がグラグラして安定しませんので、立った状態での活動が非常に大変です。

この足のタイプは生まれつきですので、治すことはできません。

足には神経や血管が沢山きております。

お身体に不具合をもっておられる方は、この足タイプである場合が少なくありません。

 

このような方は 足底板(NWPLオーソティックス)を利用していただくことで、感激するほど楽になってきます。

快適に動ける身体をデザインするために 足底板 が必要になることがあります。

(身体デザイナー 山岸茂則)