腹筋よりも,腹圧が大事です。

  • 2017年12月2日

こんにちは!

腹圧先生こと,舟波真一(ふなみしんいち)です。

あ,前回宣言したので名乗っちゃいました(;^ω^)

バイニーリハビリセンター東京銀座です,いつもありがとうございます。

さて,腹筋やからだの筋肉がほとんどなくても,子供たちが元気に動き回れるのは,

腹圧があるからです!腹圧大事です!という話しの続きからです。

まずは腹圧の構造をお伝えしなければなりませんね。

解剖学のお話しです。

次の写真をご覧ください!

腹圧

これはおなかを水平に切った断面図です,医療関係者でなければ見たことはないと思います。

図の上側,固有背筋と書いてある方が背中側,

図の下側,腹直筋と書いてある方がおなか側です。

腹直筋は,いわゆる割れてる割れてるといわれる腹筋ですね。

左右に3層構造になっている筋肉があると思います。

それが外側から,外腹斜筋,内腹斜筋,そして一番内側が赤線で囲ってある,腹横筋といいます。

腹筋はじつは3層構造に重なっているのです。

そして,一番内側の腹横筋が,いわゆるインナーマッスルといわれるやつです。

実はその腹横筋の内側に横筋筋膜という腹膜があります。

筋膜と言えば,最近,テレビでよく見かける筋膜リリースで有名な,あれです。

人間のすべての筋肉は,この膜組織(正式には結合組織)に包まれているのです。

筋肉を包んでいるから筋膜,と言います。この膜組織はテレビで有名な筋膜だけではなく,

人間のすべての器官,骨とか心臓とか内臓とか脳とか,すべてを包んでいるんです。

だから,骨を包むと骨膜,という名前になるんですよ。

ま,この膜組織については後々のコラムで説明するようにします。

今は腹圧についての解剖ですので,話しを元に戻しますね。

3層構造の腹筋のいちばん内側のインナーマッスルである腹横筋,

その内側に横筋筋膜というのがあります。

この筋膜は腹横筋の筋膜とつながっていて,それが背中側に移ると,

胸腰筋膜という名前に変わってしまうのです!つながっているのに!

同じ膜組織なのに,ちょっとめんどくさいですね(笑)

とにかくこの腹膜,膜組織によっておなかの内側は風船のような空間になってます。

もう一度,図をよく見てください。

腹圧

そして,このおなかの内側,膜組織で囲まれた風船のような空間の圧力のことを

腹圧というのです!正式名称は「腹腔内圧」です。

膜組織の連結なのです。インナーマッスルの腹横筋は筋膜のつながりで重要ですけどね。

これは水平の断面図です。

では,からだの真正面と,横からの図を見てみましょう!

腹圧

ジャン!

これです。腹横筋の筋膜つながりである横筋筋膜から

上は横隔膜につながるのです!ビックリですよね!

横隔膜は呼吸を調節しています。横隔膜が動かなければ呼吸できません。

ということは…腹圧は呼吸ととても関係があります!ま,これは後日話します。

今日は,とにかく腹圧の解剖ということで。続きです。

そして,下は骨盤底筋群の筋膜につながっていきます。

骨盤底筋群も腹圧にとって非常に重要なわけです。

ハイ,からだの上下左右の解剖学を話してきました。はい。

これが!

そう,この,おなかの中心の膜組織でつながった風船みたいな空間を!

腹圧というのです!!!

 

横から見るとわかりやすいですが,

腹圧は体の中から体を支えます。

脊柱や骨盤を支えているのです!

解剖学,ご理解いただけましたでしょうか?

それでは,今回はここまで!

また次回にお会いしましょう!

腹圧先生こと,舟波真一でした。

BiNIリハビリセンター東京銀座です!